写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロアルは、PC版オンラインゲーム『ロストアルカディア』のサービスを12月20日よりスタートした。

『ロストアルカディア』は、かつてロッソインデックスが運営していたPC版オンラインゲーム『アルカディアサーガ』を一新させたもの。「創造と破壊」をテーマに、さまざまな生物が存在する広大な世界を冒険していく国内オリジナルのMMORPGで、制作スタッフには、『伝説のオウガバトル』や『ファイナルファンタジーXII』の崎元仁氏がサウンドプロデューサーとして参加している。

プレイヤーは、「戦士(ウォーリア)」「魔導師(ウィザード)」「猛獣使い(テイマー)」「吟遊詩人(バード)」の男女からキャラクターを選択。他のプレイヤーたちと協力したり、時には争いながら安住の地を求め、開拓者集落やモンスターが徘徊する荒地地帯など、壮大なファンタジーの世界を旅していくことになる。

この『ロストアルカディア』に世界には、人間とは違うゴブリンやオーク、ミノタウロスといった高い知能を持った「亜人」が存在している。亜人たちは、人類の新天地開拓を快くは思っておらず、幾度となく街や集落を侵攻。ゲーム内では、亜人の大規模な侵攻を阻むことをテーマとした「亜人防衛戦」や、亜人に対する人類の反抗戦となる「亜人撃滅戦」などのクエストが用意されている。

敵との戦闘は、ターゲット式自動戦闘ではなく、武器やスキル毎に効果や範囲が違うアクション性の高い戦闘システムを採用。武器は「短剣(突)」「杖(打)」「鈍器(打)」「剣(斬)」「槍(突)」「弓(突)」の6種類があり、武器に応じて戦い方が異なってくる。プレイヤーは、ゲームの中で「マイハウス」を持つことができる。ハウスは、さまざまな外装や内装の9種類が用意されており、自分だけの工房を作ったり、店員を置いたりなどして、自動でアイテムを販売しながらお店を運営することができる。

また、本ゲームでは、獰猛な野生の猛獣や家畜、愛玩動物などをペットにすることができる。家畜を飼育して牛乳や卵を入手したり、移動の手段に使ったりと、さまざまな用途に使える。ペットとの親密度が上がると、命令を与えたり、一緒に戦闘を行うことも可能になる。

ロアルでは、今後もコンテンツを充実させ、新機能の実装を随時アップデートしていくという。

■『ロストアルカディア』スペック概要
OS:日本語版 Microsoft Windows XP/Vista/7/8
CPU:Intel Pentium4 1.8GHz以上(必須)、Intel Pentium4 2.8GHz以上(推奨)
メモリー:512MB以上(XP)、1GB以上(Vista)、2GB以上(推奨)
DirectX:9.0c以上
グラフィックカード(DirectX9.0c対応):VRAM128MB以上(必須)、VRAM256MB以上(推奨)
サウンドカード:DirectX9.0cと互換性のあるもの
HDD空き容量:1.5GB以上(必須)、2GB以上(推奨)
(C)ROAL Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.