●Shaft of Light

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 林達永・金光鉉・アートリムメディア・キルタイムコミュニケーション/フリージング ヴァイブレーション製作委員会

<キャスト>
サテライザー=エル=ブリジット:能登麻美子
アオイ=カズヤ:市来光弘
ラナ=リンチェン:花澤香菜
エリザベス=メイブリー:甲斐田裕子
シフォン=フェアチャイルド:井上麻里奈
キャシー=ロックハート:釘宮理恵
ロックサンヌ=エリプトン:寺川愛美
シャルル=ボナパルト:山口立花子
ユリア=ムンベルク:東城日沙子
アミリア=エヴァンス:三森すずこ
ジーナ=パープルトン:橘田いずみ
ラトル:桑原由気
スカーレット=大原:雪野五月
アオイ=源吾:斧アツシ
バイオレット=エル=ブリジット:茅野愛衣
ルイス=エル=ブリジット:野島健児、真田アサミ
アンドレ=フランソワーズ:霜月紫
ホーリー=ローズ:楠浩子
ティシー=フェニール:内田彩

●ストーリー
人類を襲う謎の敵《異次元体ノヴァ》との戦いで最愛の姉を失った少年・アオイ=カズヤは、ノヴァに対抗できる力を持った戦士《パンドラ》とそのパートナー《リミッター》の育成機関の一つ《ウエストゼネティックス》へ編入する。

そこでカズヤは《接触禁止の女王》として恐れられる少女・サテライザー=エル=ブリジットと出会う。
亡き姉の面影を残したサテライザーに惹かれるカズヤは、拒絶されながらも彼女と共に戦いへと身を投じ、徐々にその距離を縮めていく。

そんな中、《ゼネティックス》の上位機関である《シュバリエ》の命令によって、カズヤたちはアラスカにある基地へと派遣される。そこでは新たなノヴァへの対抗策として、人工的にパンドラを作り出す《Eパンドラ計画》が進められていた。
●オープニング
シフォンが不在時、ウエストゼネティックス学園の留守を預かるティシー=フェニール。彼女はシフォンの帰還を心待ちにしていますが…。
●タイプ・マリアVSシフォン=フェアチャイルド
サテライザー「シフォン会長、貴方…。」

シフォンはタイプ・マリアを止めるために、鋭い爪の付いた巨大な篭手「アンチノヴァ・トライアルバージョン」を発動させます。

それによってタイプマリアを一掃したかに見えたものの、すぐに再出現!

※パンドラの大半は重傷により、倒れてしまいます。

シフォンとタイプ・マリアとの対峙は更に続きます。
●シフォンの決意
ノヴァ化したアミリア、それに対してシフォンは自らを危険に晒して説得を試みます。

しかし、アミリアは人間を憎む事を止められず、暴走は彼女自身にも止められない状態になります。

そこでシフォンは、

シフォン「やっぱり良いですね、仲間って。だから絶対守ってみせます。」

事実を全て察したサテライザー、しかしシフォンの決意は止められず、彼女は自らの命と引き換えにアミリアの暴走を止める事にしました。

それからのシフォンを見たものは誰もいません。
●それから
サテライザー達がウエストゼネティックス学園に帰ってきたときに見たものは…。

ティシー=フェニール、何か雰囲気が違いますが…。

「フリージング ヴァイブレーション」、今回で終了です。

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第11話「タイプ・マリア」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第10話「死を覚悟して踏み込む!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第9話「復活、エリザベス!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第8話「アミリアの謀反」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第7話「ルイス、ホーリー=ローズを愛す!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「フリージング ヴァイブレーション」TVアニメ公式Webサイト
「フリージング ヴァイブレーション」AT-X公式Webサイト