いま遊ばなきゃ損! 2013年「BESTスマホゲーム」ジャンル別セレクト10作

写真拡大

気がついたら2013年もあとわずか……今年もたくさんのスマートフォン向けゲームがリリースされましたね。 みなさんはどのタイトルが一番おもしろかったですか?

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

今年リリースされたタイトルの中から、スマホゲーム好きが独断と偏見で選んだ"遊ばないと損をする2013年ベスト・スマホゲーム"をジャンル別にご紹介しましょう。

新しいブームを起こしたクイズゲームや中毒性の高すぎるシミュレーションゲーム、そして新しいジャンルを確立しようとした挑戦的なタイトルたちを見逃すなんてモッタイナイですよ!

■『ブレイブフロンティア』(RPG)

モバイルゲーム業界の有力メーカー・gumiの力を受け継いだ株式会社エイリムの処女作として、7月からサービスを開始したロールプレイングゲーム。

リリース直後に想定以上のユーザーがゲームに参加したことで、約1週間の長期メンテナンス実施を余儀なくされたゲーム業界人に衝撃を与えたタイトルだと思います。

本作の大きな特徴は時代を超えて愛される「ドット絵」に全力投球したゲームデザイン。 戦闘中の激しいアクションや攻撃エフェクトなどもドット絵で描かれたアニメーションが採用されていて、キャラクターやモンスターたちがぬるぬると動く姿に多くのゲーマーたちが心を鷲掴みにされたことでしょう。

■『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(クイズ)

3月にAndroid向けタイトルとしてリリースされた本作はGooglePlayにおける「ゲームオブザイヤー2013」を受賞しました。 さらに開発・運営を行っている株式会社コロプラは12月13日に1500万ダウンロードを突破したと発表しています。

リリース直後から「ポストパズドラ」として、ゲーム業界人やゲームライターの間で注目を集め、スマホゲームの本丸と言えるiOS版のリリースをきっかけに爆発的な大ヒットを記録しました。

ゲームシステムはこれまでスマホゲームの王者「パズドラ」に近いものを感じさせますが、老若男女を問わずに"誰でも遊べるクイズゲーム"として完成されたゲームデザインはまったくの別物。 魅力的なキャラクターやファンタジー感のあふれるストーリーで、数多くのプレイヤーを魔法の世界に誘ったことでしょう。

こちらのレポートもどうぞ!
【アプリ】大ヒット! 「魔法使いと黒猫のウィズ」をスムーズに進める攻略法4 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19145 ]
全部試したい! みんながチェックしたLINE裏ワザ、スマホ節電法ベスト10 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19350 ]
【アプリ】次の"パズドラ"はこれだ! 音ゲー、パズル、RPG…次世代ソーシャルゲーム集 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14287 ]
全部試したい! みんながチェックしたLINE裏ワザ、スマホ節電法ベスト10 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19350 ]