丸山敬太が日本酒のラベルをデザイン

写真拡大

 デザイナー丸山敬太がラベルデザインを手がけた日本酒「First Kiss」が、来年春に発売される。日本酒に馴染みの薄い世代や層に向けて訴求活動を行う同名プロジェクトが製造するオリジナル日本酒で、ハート柄をあしらったラベルデザインが公開された。

丸山敬太デザインの日本酒の画像を拡大

 2010年に生産を再開した群馬県の清水屋酒造と日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」を運営するclear代表の生駒龍史氏が共同で立ち上げた「First Kiss」プロジェクトは、「First Kissのような甘酸っぱい思い出を日本酒で実現させる」というコンセプトからスタート。製造のための資金はクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」を通じて調達している。

 現在開発中のオリジナル日本酒「First Kiss」は、従来の日本酒に対するイメージとは異なったすっきりした呑みくちと爽やかな甘味が特徴で、ボトルはフランスから輸入したものを使用。デザインは「若い人が手にとりたくなる、冷蔵庫に入れているだけでおしゃれにみえる」ことがベースになっており、丸山敬太が手がけたラベルではハートのモチーフを全面に出し、新しい日本酒との出会いを表現したという。販売は日本酒コンシェルジュの通販サイト「SAKELIFE STORE」で来春以降にスタートさせ、渋谷の日本酒ダイニング「sakeba」での先行提供も予定されている。