<ザ・ロイヤルトロフィ 初日◇22日◇ドラゴンレイクゴルフクラブ>
 中国にあるドラゴンレイクゴルフクラブで開催中のアジア選抜と欧州選抜との対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」。アジア選抜が2ポイントリードで迎えた最終日だったが、欧州選抜がこの日5勝2敗1分で5.5ポイントを獲得、総得点8.5ポイントで逆転優勝を挙げた。
「タイゴルフ選手権」を一打速報で振り返る!
 大会連覇を狙ったアジア選抜は最終日を2ポイントをリードで迎えた。今大会無敗のタイのキラデク・アフィバーンラトとトンチャイ・ジェイディがmatch1とmatch2に登場。アフィバーンラトが3&2、ジェイディが4&2で連勝、さらに2ポイントをリードを拡げた。
 しかし、match3の石川遼が最終ホールで1ダウンを喫して敗戦するとmatch4でも欧州選抜に取られ連敗。これでポイント差は再び2ポイントに縮まった。次のmatch5ではオール・スクエアでドローとなったが、悪い流れは変わらずmatch6、藤田寛之のmatch7でも欧州選抜に取られ連敗。そして最終組のmatch8も欧州選抜が奪い3連敗。2ポイントのリードを逆転された。
 今大会、惜しくも連覇を逃したアジア選抜だったが、タイのアフィバーンラトとジェイディの2人は無敗で終えた。その2人が象徴するように東南アジアやほかのアジア地域が実力が上がってきていることを見せつけた大会となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
【タケ小山の目】アジア選抜連覇のキーは石川遼と藤田寛之
敗戦の石川・藤田組「お互いをカバーしきれなかった」
あなたが選ぶゴルフ界今年の一文字は? ボール1ダースプレゼント!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング