<ザ・ロイヤルトロフィ 初日◇22日◇ドラゴンレイクゴルフクラブ>
 中国にあるドラゴンレイクゴルフクラブで開催中のアジア選抜と欧州選抜との対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」。初日の2ポイントリードで大会最終日を迎えたアジア選抜。この日行われているシングルス8戦全試合が前半を終え、後半へ入った。
 match1のタイのキラデク・アフィバーンラト対スコットランドのポール・ローリーはすでに試合が終了、アフィバーンラトが3&2で勝利した。match2のトンチャイ・ジェイディ(タイ)対スティーブン・ギャラハー(スコットランド)もすでに試合を終え、ジェイディが4&2で勝利、アジア選抜が2試合を取った。
 match3の石川遼対マーク・ウォーレン(スコットランド)は14番を終え、ウォーレンが1アップリードと接戦となっている。match4の金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)対デービッド・ハウエル(イングランド)は14番を終え、金が3アップリード。matchi5の金庚泰(キム・キョンテ)(韓国)対アルバロ・キロス(スペイン)は13番を終え、ともに譲らずオール・スクエア。matchi6の呉阿順(ゴ・アジュン)(中国)対トービヨン・オルセン(デンマーク)は13番を終え、オルセンが2アップリード。
 そして、一人の日本人選手の藤田寛之はこの日match7でオーストリアのベルント・ウィスバーガーと対戦。12番を終え、ウィスバーガーに2アップリードを許す展開となっている。また、最終組のmatch8にはリャン・ウェンチョン(中国)対ニコラス・コルサールツ(ベルギー)は12番を終え、オール・スクエアとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
【タケ小山の目】アジア選抜連覇のキーは石川遼と藤田寛之
石川・藤田組敗戦もアジア選抜がリードを奪って最終日へ!
ALBA.netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング