タバコは10年後、いくらになっていると思いますか?「1,001〜1,200円 20.8%」

写真拡大

セブンスターの現在の値段は1箱440円。10年前の2003年には280円で売られていました。その差は160円。消費税が8%になるころには、最大20円の値上げが検討されているそうです。10年後にはいくらになるのでしょうか? 読者648名に予想してもらいました。

Q.タバコは10年後、いくらになっていると思いますか?(単一回答)
1位 1,001〜1,200円 20.8%
2位 901〜1,000円 17.0%
3位 801〜900円 11.6%
4位 601〜700円 11.1%
4位 501〜600円 11.1%

■1,001〜1,200円
・「アメリカと同じようになる気がする」(32歳男性/生保・損保/専門職)
・「かなりの貴重品になっていそうな気がします。値段の上がり方が急なので、そう思います」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)
・「健康志向は落ちることはないと思う。税収をあげるためにも、贅沢品にはより税がかかってくると思う」(25歳女性/情報・IT/技術職)

■番外編:もはや高級品に(2,001円以上)
・「高級な嗜好品になっていると思う」(24歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「いくら上げても吸う人は吸うんだし、このくらいにした方が大事に吸うようになりそうなので」(34歳男性/情報・IT)
・「税金を上げられるところがタバコだけになってしまいそうだから」(29歳男性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

1,000円以上になっていると予想する人が目立ちました。今の倍以上の金額ですね。欧米諸国ではすでに1,000円前後で販売している国も多く、日本もこれにならうのでしょうか。いくらになったら禁煙するか、喫煙者は考えてしまうかもしれませんね。

調査期間:2013/11/30〜2013/12/2
有効回答数:男性241名、女性407名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)