いまや「年会費無料」でも「還元率1%以上」が常識! おすすめの年会費無料クレジットカードで 手間&コストいらずの節約生活を実現しよう!

 クレジットカードで根強い人気なのが「年会費無料」のカード。新規入会するハードルが低く、多くの人の財布の中に1枚くらいは入っているだろう。

 その多くの「年会費無料」のクレジットカードの中には、一般的なクレジットカードと同じ「還元率0.5%」程度のものが多い。しかし、最近では「年会費無料」でありながら「還元率1%」を超えるお得なクレジットカードが増えてきている。

 同じ「年会費無料」のクレジットカードを利用するなら、少しでも還元率が高いものを利用したほうがいいのは当たり前。そこで、今回は「年会費無料」のクレジットカードの還元率を比較してみた。

順位 還元率 ETCカード
(税抜)
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
カード
フェイス
1位 [リボ払い専用] DCカード Jizile(ジザイル)(三菱UFJニコス)
1.5% あり
(年会費無料)
1000万円
(自動付帯)
100万円
2位 リクルートカード(JCB)
1.2% あり
(年会費無料)
1000万円
(利用付帯)
2000万円
(利用付帯)
200万円
3位 [リボ払い専用] R-styleカード(ジャックス)
1.1〜1.49% あり
(年会費無料)
1000万円
(利用付帯)
2000万円
(自動付帯)
100万円
4位 [リボ払い専用] JCB EITカード(JCB)
1.1% あり
(年会費無料)
2000万円
(自動付帯)
100万円
5位 楽天カード(楽天カード)
1.0% あり
(年500円)
2000万円
(利用付帯)
6位 SBIレギュラーカード(SBIカード)
1.0% あり
(年会費無料)
2000万円
(利用付帯)
2000万円
(利用付帯)
7位 SoftBankカード(クレディセゾン)
1.0% あり
(年会費無料)
8位 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(クレディセゾン)
0.5% あり
(年会費無料)
9位 ライフカード(ライフカード)
0.5% あり
(年会費無料)
10位 VIASOカード(三菱UFJニコス)
0.5% あり
(年会費無料)
2000万円
(利用付帯)
(※ピンク色は一括払いしても高還元で、手数料が必要ない「リボ払い専用」カード)

 上の表にあるとおり、ベスト5のうち3枚は、最近人気の「リボ払い専用」カードがランクインする結果になった。

「リボ払い専用」を「一括払い」で使うことで
高還元+充実した付帯サービスを受けられる!

「リボ払い専用」カードの中には、「一括払い」をすると還元率が下がるカードや、「一括払い」をしても「初回のリボ払い手数料」が必要となるカードもあるが、今回はそれらのカードは除外。それでも還元率1.5%の「DCカード Jizile(ジザイル)」、還元率1〜1.1%の「R-styleカード」と「JCB EIT」も上位にランクインした。

■DCカード Jizile(ジザイル)
還元率 1.5%
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA、Master
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
海外旅行傷害保険 最大1000万円(自動付帯)
ショッピング保険 年間限度額100万円(90日間)

 これらの「リボ払い専用カード」は、「リボ払い」の設定金額を限度額いっぱいまで増やしたり、毎月「一括払い」を申し込むなど、使い方次第で一般的な「年会費無料」のクレジットカードよりも得することができる。

 さらに注目したいのは、これらの「リボ払い専用」カードの付帯サービスだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)