株価上昇によるキャピタルゲイン(値上がり益)と、配当や優待などのインカムゲイン――株式投資で利益を得ると言えば、通常この2つだが、実は保有中の株で利益を得る3つめの方法がある。それが「貸株サービス」だ。

保有中の株式を貸し出して、最大で5%の金利を受け取れる!

 「貸株サービス」は、簡単に言うと投資家が保有している株式を証券会社に貸し出して、その代わりに所定の貸株金利を受け取れるというサービスだ。証券会社側は、投資家から貸し出された株を機関投資家が参加する「貸株市場」に貸し出すことで金利を得る。

 しかし、「そんなサービスは知らない」という人も少なくないかもしれない。それもそのはず、このサービスを提供しているネット証券は、SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券の3社だけ(※1)だからだ。

※1 松井証券には「預株制度」という似たサービスがあるが、こちらは松井証券に貸し出した株に逆日歩が発生した場合にのみ「預株料」が受け取れるというもの。上記3社の貸株サービスとは内容が異なるため、今回の記事では取り上げていない。

 では、具体的にはどんな銘柄を貸し出せて、どの程度の金利を受け取れるのだろうか。サービスの概要をまとめてみた。

            <貸株サービスのあるネット証券>
証券会社名 SBI証券 カブドットコム証券 マネックス証券
主な貸株金利 0.1%、0.4%、0.5%、プレミアム金利(最大5.0%) 0.1%、0.5%、ボーナス銘柄(最大5.0%) 0.1%、ボーナス金利(最大0.5%)
主な貸株金利 3745銘柄
(貸出非対象銘柄を除く国内金融商品取引所上場銘柄
約3500銘柄
(自社が指定する銘柄)
一部非対象銘柄を除く
全銘柄
信用取引口座との
併用
×
株主優待自動取得
サービス
あり あり
あり
備考 FX株券担保サービス、証券担保ローン利用の場合は貸株サービスを利用できない
信用保証金、先物オプション証拠金、FX証拠金に差し入れている銘柄は貸株サービスを利用できない 配当金の「自動取得サービス」を利用した場合は、「通常の貸株金利-0.05%」を適用
※12月18日現在

 表を見てわかる通り、3社ともほとんどの銘柄で利用可能だ。金利は最低でも0.1%。また、各社とも金利が上乗せになる銘柄があり、最大金利はSBI証券とカブドットコム証券ではなんと5%! どの銘柄にいくらの貸株金利がつくのかは、各社のサイトで確認できる(ログイン前でも一部の銘柄については公表されている)。

 たとえば、1株1000円の銘柄を100株保有している場合、株価が動かないとしたら1年間に受け取れる金利は下記の通り。

●金利0.1%の場合 1000円×100株×0.1%=100円
●金利0.5%の場合 1000円×100株×0.5%=500円
●金利5%の場合 1000円×100株×5%=5000円

 ちなみに、メガバンクの普通預金金利は0.02%、定期預金1年物は0.025%(12月18日現在)だ。比べるまでもないが、最も低い貸株金利0.1%であっても、定期預金の4倍の金利になる。5%の銘柄なら、定期預金金利の200倍だ!しかも、保有中の株なので、新たな現金も必要ナシ。これは使わないともったいない。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)