写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●車両置換えが続くJR東日本、運転体系見直しを図るJR九州
JR東日本、JR東海、JR西日本、JR北海道、JR四国、JR九州、JR貨物は20日、来春実施するダイヤ改正について発表した。改正日は2014年3月15日。各社の発表をもとに、ダイヤ改正のポイントをまとめた。

今回の発表で注目された列車のひとつが、上野〜青森間の寝台特急「あけぼの」。本誌既報の通り、利用者減少や車両の老朽化などにともない、定期列車での運転を取りやめ、ダイヤ改正後は多客期に臨時列車として運転される。同列車は羽後本荘〜青森間にて、立席特急券で乗車可能だった。JR東日本盛岡支社によれば、秋田〜青森間の利便性確保のため、新たに臨時特急「つがる」を1往復増設。当分の間、毎日運転するという。

唯一の客車夜行急行列車「はまなす」(青森〜札幌間)は、北海道新幹線開業に向けた青函トンネル工事の影響で、下り列車の青森駅発車時刻が変更に。現行の22時42分発から24分早められ、22時18分に発車する。

特急「いなほ」へのE653系の投入も進む。現行の1往復から、ダイヤ改正後は計5往復がE653系での運転となり、東京〜酒田間の到達時分も平均で下り4分・上り1分短縮される。長野地区などで211系の追加投入も進み、JR東日本長野支社によれば、3両編成の211系を現在の8編成から20編成に増やすとのこと。JR東日本八王子支社も中央本線の普通列車の一部を211系に置き換えるとしており、ともに115系が置換えの対象となる。

JR東日本は在来線において、これらの他にも、高崎線経由の特急列車への651系投入と特急「スワローあかぎ」の新設、烏山線への新型車両EV-E301系(愛称名「ACCUM」)投入などを発表している。南武線の快速運転区間を現在の川崎〜登戸間から川崎〜稲城長沼間へ拡大するほか、新松戸駅での武蔵野線・常磐線の接続改善、「むさしの号」の運転時刻見直しなど、「東京メガループ」の利便性向上も図る。

○大阪〜草津間に新たなディーゼル特急が登場

JR東海は在来線において、中央本線から愛知環状鉄道線への直通列車を見直し、平日昼間5往復の運転を取りやめる。静岡地区では夕方の通勤時間帯に、静岡駅を19時台に発車する沼津行のホームライナーを新設する。

JR西日本はJR京都線・琵琶湖線(東海道本線)にて、平日夕方の通勤時間帯に特急「びわこエクスプレス」を増発。新たに設定される大阪発草津行「びわこエクスプレス2号」(大阪駅20時36分発)では、特急「はまかぜ」の車両(キハ189系)が使用されるという。

北陸本線では521系3次車の投入が決まっており、これに合わせて521系の運転本数も拡大されることに。金沢〜富山間では、521系を使用する列車が現在の約3倍となり、「乗り心地の良い車両でサービスの向上を図ります」(JR西日本金沢支社)とのこと。

JR四国のダイヤ改正では、特急「しおかぜ」のグリーン車の位置や車両号数、座席表示を統一してわかりやすくし、岡山駅・松山駅などでの乗換えも便利に。特急「しおかぜ」と併結する特急「いしづち」を同一の号数とし、併結しない「いしづち」は3桁の号数に、朝の時間帯に運転される「いしづち」は「モーニングEXP」に愛称を変更する。6月以降、特急「いしづち103・104号」(高松〜松山間)で新型車両8600系が運転開始される予定だ。

○特急「有明」熊本駅発着の列車が消滅

JR九州は福岡・北九州地区の鹿児島本線を中心に、運転体系の見直しを図る。小倉〜博多間の快速・準快速・普通列車の停車パターンを整理し、準快速は小倉〜福間間の各駅に停車するタイプに変更。門司港・小倉〜博多間の特急「きらめき」の運転本数も見直され、現在の1日31本から1日25本へ変更される。

特急「有明」も運転区間・本数が見直され、現行の熊本発「有明2号」がなくなり、熊本行「有明7号」も長洲駅止まりに。ダイヤ改正後は上り2本・下り3本の運転で、すべて長洲駅発着となる。その他、787系を使用する特急「かもめ」が6両編成から7両編成に変更され、特急「きらめき」「有明」「みどり」の一部列車にも7両編成の787系が使用されるとのこと。

JR北海道のダイヤ改正は、東北新幹線に接続する特急「スーパー白鳥」「白鳥」および函館〜札幌間の特急「スーパー北斗」「北斗」一部列車の時刻変更、特急「スーパー宗谷」の減速(最高速度130km/hから120km/h)などがおもな内容。11月のダイヤ修正で接続できなくなっていた列車の一部が改善され、函館駅での接続などが比較的スムーズになる一方、特急「スーパー宗谷」の時刻変更により、札幌駅での「スーパー宗谷2号」から「スーパー北斗10号」へ接続できなくなる。なお、キハ183系を使用する特急「北斗」「サロベツ」は引き続き運休となる。

JR貨物も3月15日にダイヤ改正を実施。関東〜関西間の速達列車の設定、主要都市間を結ぶコンテナ列車の速達化、翌日配送圏の拡大などに加え、輸送品質向上のための設備投資も積極的に行い、機関車14両、コンテナ車178両、コンテナ4,000個を新製するという。

次のページでは、新幹線のダイヤ改正のポイントを紹介する。

●東海道新幹線「のぞみ10本ダイヤ」へ! ひかり・こだまもN700系に
JRグループのダイヤ改正は2014年3月15日に実施される。新幹線においては、本誌既報の通り、JR東日本が発表した長野新幹線へのE7系投入、秋田新幹線のE6系への統一と最高速度320km/hでの運転開始などが話題だ。

東海道新幹線では、新型車両N700Aの投入と新大阪駅大規模改良工事の完了により、1時間あたり最大10本の「のぞみ」を運転する「のぞみ10本ダイヤ」が可能に。春休みやゴールデンウィーク、お盆など、利用者が集中する時期に臨時「のぞみ」を増発し、より多くの列車を運転して輸送力増強を図る。

また、700系からN700Aへの置換えが進むことで、N700系を使用する「ひかり」「こだま」も増える。JR東海によれば、ダイヤ改正後は定期列車全体の約8割にあたる243本がN700系での運転になるという。岐阜羽島駅・米原駅に停車する「ひかり」にもN700系が投入されるため、「ひかり」だけでなく、後続の一部「のぞみ」も、東京〜新大阪間において所要時間が3分程度短縮されるという。

○徳山駅は「のぞみ」、新山口駅は「さくら」の停車回数が増加

山陽新幹線へ乗り入れる「のぞみ」については、昼間時間帯の広島駅での発車間隔(上り)がおおむね20分間隔となるほか、徳山駅・新山口駅での停車回数も変更。徳山駅に停車する「のぞみ」は現行の上下10本から上下15本に増やされ、大阪・東京方面への利用が便利になる。新山口駅に停車する「のぞみ」は、現行の上下28本から上下23本となる。

なお、東海道新幹線の列車および東海道・山陽新幹線直通列車において、車内の自動販売機が廃止される。JR東海はN700系の自販機跡地に関して、「新たに無線LAN設備を活用したサービス向上の可能性について実験を行う予定」と発表している。

山陽・九州新幹線直通列車のダイヤも変更され、現行の「さくら」1往復が「みずほ」に。新大阪〜鹿児島中央間の所要時間が20分前後短縮される。「みずほ」は1日6往復の運転となり、うち2往復は新たに姫路駅にも停車する。

「さくら」は新山口駅での停車回数が増加(現行の上下18本から上下23本に)するほか、新鳥栖駅・久留米駅の両駅に停車。一部の「さくら」を除き、九州新幹線での停車パターンがわかりやすくなるという。なお、九州新幹線では、ダイヤ改正に合わせて「さくら」「つばめ」の運転本数を見直し、現行の1日137本から1日125本に変更する。

JR各社とも、今回の発表は2013年12月現在の情報。最終的な時刻は「JR時刻表3月号」などで告知(一部の新幹線・在来線特急は2月号にも掲載)するとしている。