●侵略者を撃て!

(画像:「アウトブレイク・カンパニー」公式Webサイトより)
©榊一郎・講談社/OBC製作委員会

<キャスト>
加納 慎一:花江夏樹
古賀沼 美埜里:内田真礼
的場 甚三郎:藤原啓治
ペトラルカ・アン・エルダント三世:渕上舞
ガリウス・エン・コルドバル:三木眞一郎
ザハール宰相:一条和矢
ミュセル・フォアラン:三森すずこ
エルビア・ハーナイマン:上坂すみれ
ロミルダ・ガルド:本多真梨子
ロイク・スレイソン:高橋孝治

●ストーリー
加納慎一は自宅警備員であった。およそ一年間に及ぶ自宅警備員の生活は親によって強制的に終了させられた。そんな慎一が切羽詰まった挙句に、就活で手にしたのは異世界でオタク文化を紹介し広める仕事だった。殆ど拉致に近い状態で慎一が連れてこられた先はドラゴンが普通に空を飛ぶ神聖エルダント帝国だった。そこで出会ったハーフエルフのミュセルや神聖エルダント帝国皇帝のペトラルカとも仲良くなり、慎一の仕事は順調に滑り出したかに思えた。そんな矢先に過激組織によるテロ事件が発生する。果たして慎一は「萌え」で世界を改革することが出来るのか。
●オープニング
加納慎一の就寝中、自衛隊の数名が襲撃をかけてきます。ところが、

メイド「オカエリナサイマセ、ゴシュジンサマ!」

ペトラルカ直属メイドが身代わりとなっています。これは日本政府が加納慎一を殺害しようとしていた用心のためなのですが、まさかの強硬手段!

※ペトラルカ直属メイドは戦闘要員としても一流です。

この件をきっかけに日本政府と神聖エルダント帝国の間に明確な亀裂が入ったのは言うまでもありません。
●静かなるテロ
当然ながらペトラルカは激怒、的場 甚三郎は事を丸くおさめようと見え見えの口実で全面的に謝るのみ。

古賀沼 美埜里「あれでもう事件は起こりませんよね?」
的場 甚三郎「当然だ、もう絶対に事件は起こらない!」


それから確かに加納慎一は今まで通りの生活を送ります。驚くほど静かで平穏なくらい。そのため彼についていた護衛メイドも帰ることになったのですが…。

※日本からの漫画等の購入について、彼の要求通りに全てが入手出来るようになります。

ところが突然、神聖エルダント帝国の外壁が破壊され、しかも学校が火事に遭います。

加納慎一「学校の図書室には貴重な雑誌が!」
●加納慎一、焼死!?
彼は火事の中、学校へその雑誌を回収しようとするも…。自衛隊の密偵に眠らされてしまいます。

※もちろん、このままでは彼は焼死してしまいます。

ミュセル「旦那様!」

ミュセルは加納慎一を救おうと火事の中、校舎へ飛び込みます。

加納慎一を発見したミュセルが必死に回復魔法を使用し、それにより加納慎一は一命を取り留めます。

加納慎一「学校燃えちゃったね。」
●策士、加納慎一
的場 甚三郎「この事実が判れば神聖エルダント帝国は日本と国交断絶するだろう。」
加納慎一「日本政府の上の方と話をさせて下さい!」

加納慎一はインターネット会議(どうやらインターネットが繋げられたようです。)で日本政府の高官と話をしますが、相手は彼を日本へ強制送還しようとします。そこで彼は上手く話を引き出し日本政府側の陰謀を暴き、

ペトラルカ「はーはははははっ!ついに本音が出たか!日本政府の高官は時代劇の悪代官のようだな。」

ペトラルカが日本語を流暢に話せることを知らなかった日本政府の高官。おかげで加納慎一は今まで通り神聖エルダント帝国へ在住する事になります。
●エピローグ
的場 甚三郎「日本政府の意向だが、君の活動は日本政府に莫大な利益をもたらす可能性は無視出来ない。今まで通り頑張ってくれとの事だよ。」

ペトラルカもミュセルも今まで通り。彼のこれからに期待、といったところでしょうか。

「アウトブレイク・カンパニー」、今回で終了です。

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第11話「文化による侵略行為の是認と拒否」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第10話「映画を作ろう!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第9話「水着回はモ○ゾーとキッコ○」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第8話「NHKにようこそ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第7話「異文化の実践研究」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「アウトブレイク・カンパニー」TVアニメ公式Webサイト