写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本は2014年3月15日に実施するダイヤ改正で、秋田新幹線の全列車を新型車両E6系での運転とし、あわせて列車名もすべて「こまち」に統一する。

秋田新幹線はE6系が投入された2013年3月以降、「こまち」「スーパーこまち」の2種類で運行。新幹線区間の宇都宮〜盛岡間では、E5系単独編成の「はやぶさ」が最高速度320km/hで走行するのに対し、「スーパーこまち」「はやぶさ」併結運転での最高速度は300km/h、「こまち」「はやて」の最高速度は275km/hだった。

来年3月のダイヤ改正で、秋田新幹線はすべてE6系に置き換えられ、従来車両のE3系は引退することに。これを機に、「こまち」「はやぶさ」全列車で最高速度320km/hでの運転が実現する。東京〜秋田間はすべて3時間台で結ばれ、最速達列車の到達時分は下りが3時間37分、上りが3時間39分。現行の最速達列車より7〜8分の短縮となる。

東北・秋田新幹線ではその他、一部列車において運転時間帯が変更に。現行の東京〜盛岡間「はやて」(大宮〜仙台間ノンストップ、仙台〜盛岡間各駅停車)6往復のうち、下り3本・上り2本が「はやぶさ」となり、E5系・E6系併結編成またはE5系単独編成で運転され、最高速度が320km/hに引き上げられる。