ミクシィ×DeNAの提携事業「mixiモール」 サービス終了へ

写真拡大

  ミクシィが12月20日、モバゲーを運営するDeNAと共同でモール型のソーシャルコマース「mixiモール」を2014年3月25日をもって終了する事を発表した。「今後の継続的な事業拡大に向けてサービス・運営体制両面での見直しが必要」と判断したという。

ミクシィ×DeNA「mixiモール」終了への画像を拡大

 「mixiモール」は、ソーシャルサービスにおける新しいコマースの実現に向けて2012年3月に開設された。"共感消費"をコンセプトに、ページ上に設置されている「きになる!」「もってる!」ボタンを押しコメントをやり取りすることで、商品を見るだけではなく、モノを起点にはじまるコミュニケーションの場を提供。オープン時は約1,500の出店店舗が350万品の商品を販売し、現在までに取り扱い商品数は800万品まで伸びていた。

 サービス終了時刻の3月25日14時をもってEC機能を停止し、9月25日14時をもってページが閉鎖される。ミクシィは「『mixiモール』で得られた知見・ノウハウを活かして、今後も引き続きサービスの改善・新機能の提供に取り組んでまいります」とコメントしている。