キックボクサーとして一時代を築いた『怪童』、ピーター・アーツが引退する。14歳でキックボクシングを始めてから29年、先日行なわれた引退試合発表の記者会見後に話を聞くと、アーツは、「後悔はない」と言い切った。

「ファイターとして、やれるべきことはやった。もう十分だ。人生は楽しむことが一番大事。もし、もう一度人生をやれるのだったら、僕はもう一度、同じ道を歩むと思う」

 調べてみると、筆者が初めてアーツにインタビューを試みたのは1992年5月。まだ、この世にK−1は存在しておらず、リングスという団体の招きで初来日を果たした時だ。

 アーツにとって、これが日本で初めてのインタビューだったと聞く。素顔のアーツは、大学に籍を置く21歳の純朴な青年だった。もっとも、そんな外見とは裏腹に、言うことは大きかった。

「誰とやっても、負ける気はしない」

 K−1開幕前夜、キックボクシングの世界では、アメリカのモーリス・スミスが史上最強の名を欲しいままにしていた。しかし、この年の4月、つまりインタビューする1ヵ月ほど前に、アーツはスミスに初めて土をつけ、世代交代をアピールしたばかりだった。

 その後の活躍は言わずもがな。K−1ワールドGPでは、1994年の第2回大会から述べ3度も優勝している。その強さがピークだったのは、1998年のGPだろうか。1回戦(準々決勝)から決勝まで3試合連続1ラウンドKOで相手を仕留め、会場となった東京ドームにトレードマークともいえる「ガハハッ」という高笑いを響かせた。

 そして特筆すべきは、決勝で組まれたアンディ・フグ戦だろう。アーツのハイキックを避けるため、フグは右腕をカカシのように横に伸ばしたが、その対処が間に合わないほどアーツの蹴り足は早かった。もう30年近く格闘技を見続けているが、ハイキックに関していえば、あの時の一撃に最も大きな衝撃を覚えた。

 先日、その時のことを聞いたら、アーツは自分のピークのひとつだったとうなずきながら、リングを下りれば親友だったフグをかばった。

「自分のキャリアの中では、ベストタイムだったと思う。トーナメントは勝っても、すぐ次がある。あの時、決勝に上がった時点で僕は無傷だったけど、アンディは準決勝までの闘いで、すでにヘロヘロだった」

 アーツは、あの時代が懐かしいとも言った。

「あの時代、ともに闘ったアンディやマイク・ベルナルドとは、リングではまるで殺し合いのようなガツガツとしたリアルファイトをやっていたけど、試合後は一緒に飲みに行くような間柄だった。その中で、僕は一番最初にキックを始めて、一番最後まで残っている。古き良き時代は、僕で終わるということなのかな」

 2004年夏、当時月刊誌だった『スポルティーバ』の取材で、アーツの住むボルネという村を訪ねたことも、懐かしい思い出だ。アムステルダムからハイウェイを飛ばして1時間30分――。ドイツとの国境に近い、人口3000人ほどの小さな集落だった。

 なぜ、こんな地方に住んでいるのかと聞くと、アーツは即座に答えた。

「妻であるエスタの故郷だからさ」

 敷地面積は2000平方メートルで、建坪は500平方メートルを超えるという大邸宅に、アーツは住んでいた。夫の気持ちを代弁するかのように、エスタは故郷で暮らすメリットを語った。

「アムステルダムのような大都会より落ち着いているので、ここで暮らすほうがずっと快適よ。都会は犯罪も多いし、良からぬ薬に手を出す若者も多いから危なくて」

 1994年にK−1ワールドGPで初優勝を遂げたころ、まだ若かったアーツは、夜のネオン街が大好きだった。しかし、エスタとの間に双子の子ども――マルシアーノとモンタナが産まれてから、1日の生活はガラリと変わった。

 この時、アーツは私に本音を漏らしている。

「たしかに若いころは毎日のように盛り場に繰り出していた時もあったけど、今はもう、そんな気は全然ない。月に1回、カフェに行く程度だね。子どもたちが『お父さんは世界で一番強い』と言ってくれることが、一番の励みになっているんだよ」

 あれから9年の歳月が流れた。その間、オランダに自分のジムをオープンさせたアーツは、さらに多忙になったと聞く。今春インタビューした際、12歳になった子どもたちの現在を聞くと、アーツは相好を崩した。

「息子のマルシアーノはバスケットをやっていて、北オランダチームの代表に選ばれた。身長も180センチもある。たぶん、私よりも大きくなるだろうね。一方、娘のモンタナは週に一度、私と一緒にキックをやっている。将来は選手としてやりたいといっているので、自分がトレーナーをやるしかないのかなと悩んでいるところだ」

『GLORY13』(12月21日/東京・有明コロシアム)で組まれた『アーツ2世』こと、リコ・ベホーベンとの引退試合には家族も呼ばれている。試合後には、引退セレモニーも用意されているようだ。だからといって、ベホーベンに対しておとなしく道を譲るつもりはない。将来のキックボクシング界を背負って立つと期待されている24歳の逸材に、アーツは何かメッセージを残してからグローブを置こうとしている。

「たしかにベホーベンは現在のヘビー級ナンバー1なので、必勝宣言はしないけど、この先、彼の人生が難しくなる試合にしてやるつもりだ」

 そして最後、引退後のビジョンについて聞くと、アーツはかつて日本中の格闘技ファンを魅了したスマイルを浮かべながら、口を開いた。

「ずっと身体は動かしていたいからね。マラソンでもやろうかな」

布施鋼治●文 text by Fuse Koji