LINEのスマホEC「ラインモール」先行公開 国内最大級めざす

写真拡大

 LINEが12月20日、スマートフォンECサービス「LINE MALL(ラインモール)」のプレオープン版をAndroid先行で公開した。来年早々にiPhoneにも対応し、ユーザーの利用状況を見ながら来春のグランドオープンに向け準備を進めていくという。企業による本格的な出品は、グランドオープン時から新規受付をスタートする計画だ。

LINEのEC「ラインモール」Android版で先行公開の画像を拡大

 「LINE MALL」は、「人と商品との出会い・発見を大切にする」をコンセプトに、従来の検索・スペックによる「指名型」から新たな商品との出会いを提供する「発見型」ショッピングに焦点を当て、新たな商品購入ニーズを創出。PC利用をベースとした他ECサービスは検索流入の最適化や配送料の優遇、ポイントの付与などで競争・差別化を図っているという現状を踏まえ、「LINE MALL」はスマートフォンに最適化したUI(ユーザー・インターフェース)を活用し、出品者の事前審査や月額費用といった煩雑な手間を解消。LINEの広報担当者は「毎日訪れてもらえるECサービスになるよう機能を強化しながら成長させる」と話しており、全てのユーザーが全商品を簡単でスピーディー、安心に売買することができる仕組みを構築し、国内最大級のスマートフォンECサービスとなることを目指すという。

 「LINE MALL」は誰でも事前審査無しの3ステップで出品可能となっており、出品・決済・購入の手数料は無料。衣料から化粧品やインテリア雑貨、ベビーグッズ、デジタル用品まで様々なジャンルの商品を、ブランドからハンドメイドアイテムまで新品・ユーズド問わず幅広く取り扱う。商品代金は「LINE MALL」を介した支払いシステムのため「代金を支払ったのに商品が届かない」といった取引間のトラブルを防止し、現金での購入代金の1%は次回のショッピングに使えるよう1ポイント=1円で加算。また、出品者と購入者に「LINE MALL」内専用のトーク(メール)機能を提供、「LINE MALL公式アカウント」を開設するなど国内5,000万人のユーザーを抱える「LINE」との連携機能を設ける。

■LINE MALL
 https://mall.line.me/