【動画】北欧デンマーク発「レインズ」来春上陸 レインウェアをファッションに

写真拡大

 北欧デンマークのレインウェアブランド「RAINS(レインズ)」が、日本に上陸する。「MOLESKINE(モレスキン)」を取り扱うワーキングユニット・ジャパンが2014年春から展開を開始。レインウェアをファッションの新たなカテゴリーとして定着させることを目指し、ロングコートやアノラックといったデザイン性の高いラインナップを提案する。

北欧デンマーク発「レインズ」来春上陸の画像を拡大

 2012年に設立された「RAINS」は、フィリップ・ロトコとダニエル・ヘッセラガーがデザイナーを務め、同年6月に初のコレクションを発表。高い機能性をはじめ、軽く滑らかなポリウレタン素材、北欧らしいミニマルなフォルムとアーバンなデザイン性が話題を呼び、現在ヨーロッパの直営店8店舗をはじめ、パリのコレットやメルシー、ロンドンのYMCなど約400店舗で扱われている。雨の日もファッションを楽しんでほしいという考えからビジュアルイメージの発信に注力し、最新のショートムービーでは2014年春夏コレクションのルック撮影風景を収録。また、「PUMA(プーマ)」とパリの新鋭ブランド「BROOKLYN WE GO HARD(ブルックリン・ウィー・ゴー・ハード/BWGH)」がコラボレーションした新ライン「BLUEFIELD(ブルーフィールド)」のムービーに衣装協力したという。

 「RAINS」は、2014年初春から全国の百貨店やセレクトショップで販売される予定。ワーキングユニット・ジャパンとしては、梅雨のシーズンをはじめ自転車通勤や音楽フェス、アウトドアなど様々なシーンに訴求していく計画だ。

■RAINS
 http://www.rains.dk/