写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都世田谷区下北沢に12月1日、哲学や思想、文学、美術・写真・ファッション・サブカルチャーまで、全10ジャンルの書籍を取り扱う古書店「クラリスブックス」がオープンした。

○神保町の古書店元店主がセレクト

同店は下北沢の一番街商店街にオープン。約10坪の店内は窓が多い設計で、明るい光が差し込み、開放的な雰囲気の中で本を選ぶことができる。

取り扱う古書は、神田神保町の古書店に約10年間勤めた店主とスタッフが選んだ10のカテゴリの本。カテゴリは、「哲学や思想」「文学」「人類学・文化史」「キリスト教」「美術・デザイン」「写真」「ファッション」「メンズ ファッション&ホビー」「映画・音楽・演劇」「SF・サブカルチャー」。

「下北沢」という土地柄も意識し、写真、美術、ファッション、サブカルチャー関係書籍を充実させている。ファッション関係では多数の図録やヴィジュアルブックに加えて、人気の高いコレクションブランドや国内外のファッション&カルチャー誌、メンズファッション関係も多数取りそろえる。

○哲学や思想などの勉強会・読書会を実施

また、やや専門性を有する分野「哲学や思想」にも力を入れている。プラトンやアリストテレスなどの古代哲学から、ニーチェ、ハイデガー、フーコーなどの現代思想も充実。今後は、難しく敬遠されがちな「哲学や思想」の理解を深めることができる勉強会や読書会等を開催する予定だという。

さらに、雑貨や若手アーティストの作品なども積極的に展示・販売していく予定。現在はイラストレーター丸子 万葵さんのシルクスクリーンによる蔵書票を展示・販売している。

○在庫はホームページから確認できる

商品在庫は同店ウェブサイトで確認が可能。3人のスタッフによるブログもほぼ毎日更新しており、おすすめ商品や新入荷品を紹介するほか、下北沢の飲食店情報、古本屋という仕事の話なども公開している。

同店の所在地は、東京都世田谷区北沢3-26-2-2F。営業時間は、火〜土は12:00〜20:00、日曜祝日は12:00〜19:00。定休日は月曜日。

(フォルサ)