今シーズン男子ジャンプ陣が好調だ。11月23日に開幕した今シーズンのW杯の全7戦で竹内択と葛西紀明、伊東大貴が2位、3位、3位と表彰台に上がり、1試合だけあった団体戦も3位に入った。

 12月15日のティティゼ−ノイシュタット大会終了時点のW杯ランキングでは竹内が3位、葛西が5位、伊東が来季シード権獲得圏内の10位に1点差でつける11位。この日本男子ジャンプ陣の好調さは国際的にも注目され、日本チームが21日から始まるスイス・エンゲルベルグ大会の欠場を発表すると、国際スキー連盟ホームページでジャンプ競技のトップ記事にあがるほどだ。

 そんなチームを率いるのが、バンクーバー五輪翌シーズンからチームを指導する横川朝治ヘッドコーチ(HC)だ。

 長野県白馬村出身でジャンプ選手だった横川HC。選手としては明大を卒業して北野建設に入社し、3年で現役を終えた。その後は長野県のジュニアのコーチを3年務めたあと、北野建設スキー部のコーチとして呼び戻された。当時の北野建設監督は日本代表ジャンプチームをHCとして指導して、1998年の長野五輪で金2、銀1、銅1の成果をあげた小野学氏(故人)。

 横川HCは理論派として知られる小野氏の直系といえるコーチだ。

「ジュニアを教えられなければ何をやってもダメだからという話で、会社の営業をしながら長野県の中学生を担当したんです。その子たちが全国大会で勝つようになった頃に複合の※荻原健司たちが北野建設に入ってきて、彼らを見ろということでスキー部に呼び戻されたんです」

※92年アルベールビル五輪、94年リレハンメル五輪の団体で金メダルを獲得し、ノルディック複合W杯では通算19勝をあげている。

■クロスカントリーから学んだジャンプのコツ

 当時はV字ジャンプが始まったばかり。荻原健司に続いて入ってきた双子の弟、次晴などに結果を出させるため、V字の進化など予測しながら日々研究を行なっていた。だが複合の場合はクロスカントリーも見なければいけない。同じスキー部の佐藤志郎クロカンコーチに教わりながら、その指導にも力を入れた。

「僕が幸運だったのは、ジャンプだけではなくクロスカントリーも覚えたことだと思います。練習に行って選手が走り出すと2時間近く帰って来ない。それで自分もクロスカントリースキーを履いてゆっくり走って、そこでスキーを滑らせるテクニックを覚えたし、発想の幅も広がった。ジャンプだけだったら引き出しが少ないまま終わっていただろうし、ルールや条件がどんどん変わる中で、それに対応して工夫する能力も身につかなかったと思いますね」

 クロスカントリーは難しいバランスで滑っていて使うエッジを状況に応じて変えるため、足の裏でしっかりと体重を乗せる中心を捉えていなければいけない。だがジャンプだけの選手の場合は、助走でフラットになった氷面を滑ることもあり、その中心を意識していない選手も多い。その意識を持っている者と持っていない者とでは、スキーの滑りも踏み切る時のジャンプ台への力の伝わり方も違うというのだ。

「長野五輪後は何人もヘッドコーチが変わったけど、僕はチームに(北野建設所属の)山田大起(2002年ソルトレークシティ五輪出場)や竹内(2010年バンクーバー五輪出場)がいたので、すべての時期にアシスタントコーチとしてW杯に行っているんです。立場的に選手とヘッドコーチの板挟みで両方の思いもわかったし、ルール変更もいろいろある時代だったから、そこでいろいろ聞いて学んだりして築いた人脈が今の情報源になっていると思いますね」

 05年からバンクーバー五輪までの6年間ヘッドコーチを務めたフィンランド人のカリ・ユリアンティラは、パワージャンプを日本チームに導入し、それを強引にやらせた。最初のうちは選手と軋轢があったが、横川はそれが今の日本チームの基礎を作ったといい、あれがなければズルズルいってしまっていたかもしれないという。

 だがバンクーバー五輪が終わって、ユリアンティラの後を継いでチームを率いるようになった時、アシスタントコーチになった宮平秀治(長野五輪代表、ソルトレークシティ五輪出場)と、体重当たりのパワーを見直した。一概にパワーとはいうが選手は体重も違い、計測の時の数値だけでは計れないのではないかと。その手法で見直すと、パワーが無いといわれていた伊東大貴がチームの中では体重当たりのパワーは最もあるほどだったというのだ。

「それを考えて思ったのは、これまでパワーアップをさせるトレーニングはしていたが、バランスを無視していたのでは、ということですね。同じ力を加えるにしても、ふらついている状態よりバランスをとってピンポイントのところで力を加えれば効率がいいはず。普通に生活するためのバランスはみんな持っているから、動いている中で体の中心を見つける力と、そこでブレずに押せる力を引き出そうと思ったんです」

 そこに着目して観察すると、バランスを狂わせる最大の要因は『疲れ』だとわかった。長時間飛行機に乗って来た時が一番フラフラしているのだ。移動距離の長い日本勢にとっては大きな問題だった。その傾向からバランス感覚を早く取り戻させるためにと、目を閉じて自分のバランスを探らせることを試みた。人間がバランスをとる基準は、視覚に入ってくる垂直や水平な物。視覚の情報をなくして自分の感覚で正常なバランスを探らせたのだ。

「早く自分のバランスを見つけることで、疲れを引きずらなくなり、早くベストコンディションに持っていけることがわかりました。それに加えて、体重比でみれば日本人もパワーがあることに気づき、器用さも持っているから、これは勝負になると。そういう発想に切り換えたのがヘッドコーチ1年目でした」

■数cmの差が生む勝敗

 ジャンプの踏み切りで重要だと以前から言われているのは、助走姿勢になった時の膝から下の角度を保ったまま飛び出すことだ。ジャンプスーツのサイズが小さくなり、踏み切りで高い飛行曲線を出すためにジャンプ台にパワーを伝える重要性が増してもそれは変わらない。膝下の角度を意識し過ぎるとつま先で蹴って倒れ込むようになりがちだが、横川HCは、体を前方に進ませながらも、足の裏全体の面に対して垂直方向に力を伝えるのが理想の踏み切りだと話す。そういう感覚を研ぎ澄ませるために、試合の間にはスケートリンクを借り、長いスキーよりバランスの狂いが如実に出るスケートで踏み切り動作をやらせたりもしている。

 それとともに取り組んだのがスキーの長さを、選手の身長で使用できる上限より短くすることだ。1年間ほどワックスマンに協力してもらって外国勢のスキーの長さのデータを取ると、上限より少し短いくらいが一番いいのでは、という結論になった。W杯などで、助走路を凍結させるルールになったため、スキーが短くても助走スピードはさほど変わらなくなっている。さらに短い方が空中でも操作しやすく、風圧などでの減速を抑えられるのだ。

「それぞれ違うけど、選手によっては3〜4cm短いのが一番飛べるスキーになるんです。ただ選手は短いと不利だという固定観念があったから、短くさせるのは簡単ではなかったですね。本人が試してみると言い出すまで待って、ひとりひとりを試してみて長さを決めていきました」

 身長に対して使える上限の長さのスキーを使用していた頃は、※BMIルールの併用もあり、選手たちは遠征中でも体重が減り過ぎないように神経を使ってピリピリしていた。だが短いスキーにして体重減に余裕を持たせることで、精神的にもリラックスできるようになった。それも成績上昇の大きな要因になったのだ。

※体重÷身長÷身長で出した数字を基準とする板の長さ。体重が軽いとその分板も短くなる。

 葛西も昨季までは身長に対する上限より3cm短いスキーを使用していたが、今季はそれをさらに4cm短くしている。強い追い風の時は浮力は感じられなくなるが、それ以外の時は以前より空中で進んでいる感じがするというのだ。

 横川HCは「選手は大きな大会前になると自然に体が絞れて、短くしておいても、『シメシメ』というような長さになってくるんです」と笑う。

 またジャンプスーツのサイズが小さくなり始めてからは、各国があの手この手を使ってくる中で、対応が遅れて振り回されるだけだったが、縫い代のサイズや生地のカッティングなどを研究して改良してきた。

 選手たちも12〜13年シーズンの夏に体のサイズ+0cmになった時に好成績をあげられたことで、技術的に劣っていたわけではなくジャンプスーツの差で負けていたと気づき、自分たちの技術に自信が持てるようになったという。

 その冬シーズンになると+2cmになって細工する余地も出てきたが、入ってくる情報には慎重に対応しながら研究を欠かさない。その成果が今の好成績につながっている。

「以前はチーム内でもコーチはコーチ、ワックスマンなどのスタッフはスタッフという感じだったんです。でも今は忙しければ僕らがワックスマンの仕事を手伝うし、ワックスマンやトレーナーも、『今、あの国はこういうことをやっているがどう思う』とか、『こういうトレーニングもあるけどどうか』などと話してきます。そういう意味でもいいチームになっていると思いますね」

 W杯組と国内残留組の格差を解消するためにも各企業のコーチとも連絡を密にして、トレーニング内容もすべてオープンな状態にしているというが、代表チームに来る選手は元々高い運動能力を持った者ばかり。新しいトレーニングを提示してもすぐにやりこなしてしまうため、常に「新しいものはないか」と、宮平コーチと考え続けている状態だと、横川は嬉しそうに笑う。

 そんな意欲的な雰囲気の中で好スタートを切った今シーズンの男子ジャンプチーム。葛西が3位になったW杯第6戦では、竹内が6位で伊東が7位と、トップ10に3人も入る好成績だった。今季は他の国も、日替わりでいろいろな選手が上位に顔を出すような状況だが、日本チームは今後4人目の選手がW杯ランキング10番台中盤に入って来るような状況になれば、ソチ五輪で団体の金メダルも夢ではなくなる。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi