相手の金持ち発言に思わずイラっとする瞬間「回転する寿司たべたことなーい」「お金はあるけど時間がない」

女性はつねに周りとの比較の中で生きています。だからこそ、友人や同僚のお金持ち発言には目くじらを立ててしまうもの。そこで、女性のみなさんがどんなお金持ち発言にイラッとするかを聞いてみました。

■親の顔が見てみたい

・「ハタチの誕生日にBMWのプレゼントを両親からもらった」(29歳/医薬品・化学/事務系専門職)
・「一人暮らしするのに家を建ててもらい、水道・光熱費も親の口座から引き落とされていると。は?って思った。最近は車を買ってもらってました。やってらんね〜」(29歳/学校・教育/秘書・アシスタント職)
・「毎年海外旅行行くけど、ごはんもおいしくないし、飛行機も疲れるし……というのを中学生時代の友達が言っていたときは、イラっとした」(29歳/金融・証券/専門職)

なんて、すてきなお父様とお母様。いつかは親の手を借りず、自分自身で成し遂げましょうね。

■一度はいってみたいそのセリフ

・「回転する寿司食べたことなーい」(25歳/機械・精密/その他)
・「毎日の洋服に合わせて時計をコーディネートしないなんてありえないと言われたこと」(30歳/金融・証券/事務系専門職)
・「お金はあるけど時間がないという話。実際にお金持ちはそんな事は言わない。成り金っぽいとこが嫌」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「ボーナスの額が違いすぎるのに、お金がない、貧乏だと言っている人を見たときどんだけ贅沢してるんだ!!」(28歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

そんな私は貧乏暇なしと自虐的になりそうですが、いつかはさりげなく言ってみたいセリフです。

■「それ自慢なの?」と思わずにらむ瞬間

・「ブランド物のバッグを持っていて、彼にティファニーのアクセを買ってもらうと言っていたとき」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「ブランド物を買うたびに自慢してくる」(31歳/アパレル・紡績/販売職・サービス系)

女子にとってブランド物の所有は勝者か否かの分かれ道。それを知っての自慢なのでしょうか?

「オホホ、あたくしリッチでしてよ」と言わんばかりの発言。それってあなたがホントにリッチなわけ? と突っ込みたくもなりますね。どうやらイラッとくる発言の背景には、親や彼などへの依存がチラついて見えます。自分で汗水たらして稼いだお金だったら、何を買おうが、海外旅行にバンバン行こうが、周りはそれほどイラッとしないのでしょうけどね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数300件(21歳〜33歳の働く女性)