人気車種「ホンダ N BOX」専用モデルを追加

写真拡大

カーナビゲーションなどのアルパインは、車種専用・大画面カーAV/ナビゲーション一体機「ビッグX プレミアムシリーズ」のラインアップに、ホンダ・N BOX シリーズ専用モデル「EX008V-NB」、同フリードシリーズ専用モデル「EX009V-FR」、トヨタ・プリウスG's 専用モデル(ピアノブラック)「EX009V-PR-PB」、同プリウス マイコーデ/プリウスPHV専用モデル「EX009V-PR-MM」、および8 型大画面・車種専用モデル、ビッグX「X008V シリーズ」を追加した。

「モニター」と「音楽/映像機能」で高評価

ビッグXシリーズは純正コンソールとの一体化を目指した専用キーやパネルのデザインを採用、スーパークリアパネル液晶により風景などの映りこみを低減、明るく視野角の広い高画質を実現したのが特徴だ。

2013年版日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査<市販ナビカテゴリー>の据え置き型セグメント2年連続でトップに立った(J.D. パワー アジア パシフィック調べ)。とりわけ、「モニター」と「音楽/映像機能」で高評価を受けている。オープン価格だが、実勢価格では17万8000円から19万8000円。

別売りの後席用モニター「リアビジョン」シリーズと接続することでリアシートだけでDVDが楽しめる「ダブルゾーン」機能など、子育て家族が楽しめる様々な機能を搭載している。家族全員が車内で快適に過ごせそうだ。

アーム取付け型「リアビジョン」も11月に新製品4 モデルを発売。いずれも高輝度・高画質のLED ワイドVGA 液晶で鮮やかな映像を手軽に楽しめる。こちらの実勢価格は1 万5800 円から2万9800円。