写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京都府京都市下京区、梅小路公園内の京都水族館で、クリスマス企画「いきてる、ひかってる」が開催される。期間は、12月21日〜25日、17時30分〜20時30分まで。

○冬の里山に棲む生き物たちを光をつかって表現

同イベントは、同館の展示の1つで、棚田を舞台に人間と生き物の繋がりを体感できる「京の里山ゾーン」をライトアップするもの。冬の里山に棲む生き物たちを、LEDのスポットライトや、水中照明などの光を使い表現する。

呼吸をするように光の強さが変化するものや、土の中から光るあかり、木の根元に潜むあかり、ほんのりと光るあかりなどの演出が見どころとのこと。

そのほか、水生昆虫たちが冬眠をしている湿地がぼんやりと光る様や、メジロがやって来るヤマボウシ、モチノキなどの木々を夕焼けの色で照らすなど、合計12のシーンが随所で見られ、同館ならではのライトアップが楽しめる。

(OFFICE-SANGA)