写真提供:マイナビニュース

写真拡大

不動産の売買、賃貸、管理及びその仲介などを行っているウイングエステートは、サラリーマン・OLを対象に「芦沢晃の【現役サラリーマン大家の区分物件投資】」を、12月21日に開催する。会場は東京都港区のウイングエステート4Fセミナルーム、参加費は無料。

同セミナーでは、最近投資用マンション経営に興味を持ち始めたサラリーマンやOL向けに、初心者向けのマンション経営について解説する。講師には、都心、京浜地区を中心に地方中核都市を含めてマンション41室を運営する芦沢晃氏が登場。不動産投資の中では比較的少額で始められる「区分所有物件」への投資について、芦沢氏が考えるメリットとデメリットをわかり易くまとめて紹介する。

参加条件は年収500万円以上、勤続1年半以上(金融機関利用者)で、定員は先着20名。13時30分から講演や質疑応答が行われるほか、懇親会も用意されている。なお、参加申し込みの締め切りは12月21日12時とのこと。