デップ×ノーランで近未来SF、「トランセンデンス」の日本公開決定。

写真拡大

「インセプション」「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン製作総指揮×ジョニー・デップ主演による壮大な近未来SF超大作「トランセンデンス」(ポニーキャニオン/松竹 共同配給)が、2014年6月28日に日本公開されることが決定した。

本作はすべての情報がコンピューター化された、現代に起こりうる壮大なる想像世界が舞台。SF界に一石を投じる超大作を世に送り出すため、圧倒的映像世界でアカデミー賞4部門を授賞した「インセプション」、映画史に金字塔を打ち立てた「ダークナイト」シリーズのキャスト・スタッフが再集結した作品だ。本作では「インセプション」の驚愕映像でアカデミー賞撮影賞を授賞したウォーリー・フィスターがメガホンを執り、常識を“超越”し、誰も観たことのない世界を描き出していく。

コンピューターにアップロードされてしまった科学者を演じるのはジョニー・デップ。数々のキャラクターを演じてきた彼ならではの演技は、近未来の世界にさらなるリアリティを与え、全く想像できない展開へと導いてくれる。さらにモーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、キリアン・マーフィーなど、豪華実力派俳優が集結した。

映画「トランセンデンス」は6月28日(土)全国超拡大公開。

☆「トランセンデンス」ストーリー

人工知能“PINN”を開発研究する科学者ウィルは反テクノロジーの過激組織“RIFT”の銃弾に倒れる。死の際で妻のエブリンは彼の頭脳を“PINN”へとアップロードする。

―死すべき運命だった科学者、だがその意識はコンピューターの中で生かされた―

そして“それ”は軍事機密、金融、政治から個人情報まで、あらゆる情報を手に入れ、超高速の処理能力で化学反応を引き起こし、人類では想像できない進化をし始めた……。