写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西日本鉄道は、2021年度の事業完了をめざして作業を進めている天神大牟田線連続立体交差事業(高架化事業)の進捗にともない、3月22日から白木原〜下大利間(約1.1km)を仮線に切り替え、下大利駅のホームを仮駅側に変更する。いずれも2020年度までの予定。

ホーム変更により、現在の駅西口は3月21日で閉鎖。閉鎖後は約90m先の現「東口2」が西口となる。定期券発売所と売店も仮駅舎に移転。大牟田方面の新ホームにはエレベーター1基が新設される。

天神大牟田線連続立体交差事業は、福岡県が事業主体となり、春日原〜下大利間(約3.3km)で進めている工事。完成すると12カ所の踏切が廃止される。これとは別に、天神大牟田線雑餉隈駅付近でも福岡市を事業主体とする連続立体交差事業が進んでいる。事業区間は約1.86kmで、2023年に完了予定。完成時には7カ所の踏切が廃止されるとのこと。

(佐々木康弘)