写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西日本鉄道は1月1〜3日の3日間、西鉄福岡(天神)〜太宰府間を結ぶ臨時急行「初詣号」を運行するとともに、JR二日市駅〜太宰府駅間に直行シャトルバスを運行する。

臨時急行「初詣号」は、日中時間帯に上下各16本を運行。西鉄二日市駅で乗り換える必要がなく、太宰府天満宮への参拝に便利。西鉄福岡(天神)〜西鉄二日市間の急行停車駅と西鉄五条駅、太宰府駅に停車する。今年度は太宰府市観光宣伝隊長のキャラクター「千梅ちゃん」のプレートを先頭車に掲出して運行する。西鉄二日市〜大宰府間では臨時普通列車も運転。通常の土休日ダイヤより上下各18本を増発し、参拝客の利便性向上を図る。

直行シャトルバスの運行時刻は、JR二日市駅発が8時から15時30分まで、西鉄大宰府駅発は9時から17時30分まで。それぞれ10分間隔で運行され、途中のバス停には停車せず、両駅間を約20分で結ぶ。運賃は片道大人260円、小児130円。

なお、西鉄天神大牟田線では、大みそかから元日にかけて終夜運転を行う。大宰府方面行は、西鉄福岡(天神)発の電車19本(急行4本、普通15本)、大牟田・柳川・筑紫発の電車17本(急行3本、普通14本)を運転。大宰府発西鉄福岡(天神)方面行は普通列車15本、太宰府発大牟田・柳川・筑紫方面行は19本(急行2本、普通17本)の運転となる。いずれも一部の列車は西鉄二日市駅での乗換えが必要とのこと。

(佐々木康弘)