まだ買ってないなら!松屋銀座の「伊東屋 手帳・カレンダーフェア2014」へ!

写真拡大

来年の話をしても鬼が笑わなくなるシーズン到来・・・。新年を迎える準備の中でも、来年の手帳やカレンダーといえば、働く女性の必需品! あなたはもう、来年のパートナーを決めたかな? そこで、12月28日(土)まで松屋銀座8階・イベントスクエアで開催中の、「伊東屋 手帳・カレンダーフェア2014」をご紹介。

会場では、実用的な使い勝手のいいものから、生活に彩りと潤いを与えてくれるようなデザイン性の高いものまで、専門店のバイヤーが選び抜いた国内外のさまざまな手帳やカレンダーが勢揃い! 今回のフェアでは、松屋と伊東屋のフェア限定・コラボ手帳も登場。黒の本革製で、松屋・伊東屋両店のロゴ入り。オリジナルの保存袋も付いているので、使い終わってからも記念に取っておけるスーベニール仕様。これまでにないタイプは、合同催事だからこそできたとか。

2014年の手帳の傾向についてお尋ねすると「今は、家族カレンダー・家族手帳といわれるものが人気です。1冊(1枚)で家族の複数の予定を記入・管理することができます。会場には家族手帳コーナーも設けていますが、震災以降に需要が出ているようで、今年も多くの方が購入しています」と、広報の小笠原さん。

また、働く女性たちにおすすめなのは、「カラーチャート」という伊東屋オリジナルブランドの手帳だそうで、表紙のカラーバリエーションが豊富な上にシンプルなので、ビジネスシーンにも最適な1冊。なにより、コンパクトで女性の手になじみやすいサイズが使いやすそう。

カレンダーが1900種類、手帳やダイアリーが3500種類と聞けば、きっと“私の2014年版”に出会えるはず! 来年のスケジュール管理がウマく行くような、素敵なお気に入りの1点を見つけてみては?