インスタグラム、2013年最多投稿のロケーションランキング発表

写真拡大

 写真共有SNS「Instagram(インスタグラム)」が、2013年に最も投稿されたロケーションランキングを発表した。都市の1位はニューヨーク。また、タイのショッピングモール「サイアム・パラゴン」が最多の撮影スポットとして利用されたことがわかった。

2013年のインスタグラム最多投稿発表の画像を拡大

 調査会社Nielsenが12月16日に公開したデータによると、Facebook傘下の「Instagram」は前年比66%増でユーザー数が拡大しており、月間平均ユニークユーザー数は公式発表で約3,200万人。スマートフォン利用者数はTwitterよりも上回っているといい、ファッション業界でも支持を集めている。今回のランキングは、映画館や水族館を併設したバンコクの大型商業施設「サイアム・パラゴン」と「スワンナプーム国際空港」がアメリカ以外で唯一トップ10にランクイン。また、都市別に見るとニューヨークに続きバンコクが2位という結果になり、タイの人気が伺える結果となった。


<場所篇>
1. サイアム・パラゴン(バンコク)
2. タイムズ・スクエア(ニューヨーク)
3. ディズニーランド(カリフォルニア)
4. ベラージオの噴水(ラスベガス)
5. ディズニーワールド(フロリダ)
6. ステイプルズ・センター(ロサンゼルス)
7. セントラル・パーク(ニューヨーク)
8. ドジャー・スタジアム(ロサンゼルス)
9. スワンナプーム国際空港(バンコク)
10. ハイライン(ニューヨーク)

<都市篇>
1. ニューヨーク(アメリカ)
2. バンコク(タイ)
3. ロサンゼルス(アメリカ)
4. ロンドン(イギリス)
5. サンパウロ(ブラジル)
6. モスクワ(ロシア)
7. リオデジャネイロ(ブラジル)
8. サンディエゴ(アメリカ)
9. ラスベガス(アメリカ)
10. サンフランシスコ(アメリカ)

■Instagram
 http://instagram.com/