写真提供:マイナビニュース

写真拡大

漫画誌『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載中の人気漫画『黒子のバスケ』をめぐる一連の脅迫事件の容疑者逮捕を受けて原作者の藤巻忠俊氏が18日、『週刊少年ジャンプ』公式サイト上でコメントを発表している。

集英社は『「読者の皆様へ」藤巻忠俊』として、藤巻氏のコメントを掲載。藤巻氏は「容疑者が逮捕されたと聞き、まずはほっとしました。」と心境を綴りながら「捜査に当たってこられた方々、これまで変わらず応援してくださった読者の皆様には本当に感謝しています。これからも楽しんでいただける作品を執筆していきたいと思います」と、捜査に当たった人々やファンへの感謝を伝えている。

『黒子のバスケ』をめぐる一連の連続脅迫事件は15日、藤巻氏の母校に硫化水素を発生させた容器を置いたなどして、警視庁は威力業務妨害容疑で36歳の男を逮捕。一連の脅迫事件の容疑を認めているという。