横浜駅に新施設「西口ルミネ」再開発の空きスペース活用

写真拡大

 ルミネが12月19日、横浜駅前に新施設「西口ルミネ」を出店すると発表した。再開発が進む西口駅に開発し、新駅ビルが着工するまでの期間限定で空きスペースを活用するという。物販区画を皮切りに、2014年2月下旬からテナントを順次オープンさせる。

横浜駅に新施設「西口ルミネ」出店の画像を拡大

 ルミネ横浜 西口ルミネの店舗面積は約900平方メートルで、地上1階建て。 物販7店と飲食1店、約70平方メートルのイベントスペースを設ける。コンセプトは「We♡YOKOHOMA〜地元を愛する人が集い、街を盛り上げるステージ〜」。カップルやファミリー層をメインターゲットに、リラックス感やカジュアル感を重視したショップを揃える。また、地元愛が強い方が多いという地域特性に基づいて、地元企業とのコラボレーションといった「横浜ならでは」の企画を積極的に提案・実施。2014年2月下旬に物販区画、4月に飲食区画とイベントスペースをオープンする計画だ。

 横浜駅西口では現在、2011年に営業終了した駅ビル「横浜シァル」や「横浜エクセルホテル東急」跡地周辺の再開発が行われており、新駅ビルは現時点で2019年度の完成が予定されている。

■ルミネ横浜 西口ルミネ
 オープン日:2014年2月下旬物販区画オープン
 ※飲食区画、イベントスペースについては4月オープン予定
 営業時間:物販10:00〜21:00、飲食7:00〜23:00 予定
  http://www.lumine.ne.jp/