カニ通販をめぐってはトラブルも

写真拡大 (全2枚)

 年末年始のイベントシーズンとともにやってくる“カニシーズン”。テレビや雑誌、新聞、ネットでカニの特集や広告を見ない日はないというほど、日本中が一気にカニモードに突入する。

 昨今はカニを専門に扱う通販ショップも増え、以前よりも手軽にカニを楽しめるようになっている。しかし一方で、「実際に届いたカニにガッカリ」という経験談を耳にすることもしばしば。

「冷凍されてくることは知っていたが、想像を絶する氷の厚さだった。がんばって解凍したら貧相なカニが現れた」(男性40代メーカー勤務)

「お菓子などおいしいものを取り揃えている通販ショップなので、安心してカニを買ったら大ハズレ。親戚にも送ってしまったので恥をかいた」(女性50代主婦)

 改めて、現物の見えないカニ通販がいわば“ギャンブル化”していることを実感せざるをえない。安心してリピートできる業者の見分け方はないものか。

 カニ通販サイト「かに親分」を運営する(株)エバーイノベーションジャパン広報事業部部長の水口旭さんに聞いた。

「ほんの一部でしょうが、実際にボアアップ(カニを氷で覆うこと)でかさ増ししている業者はあるようですね。本来はカニを計量してから急速冷凍するのですが、そのような業者は逆。ボアアップしてから計量します。つまり、氷の重さもカニの重さとしてカウントしているんです」

 運悪くそんな通販ショップを選んでしまったら……と思うとゾッとする。

「毎日カニを触っている人間なら、身が詰まっているか詰まっていないかを見分けるのは簡単です。“さばいてみないと身の量はわからない”なんてことはまずありません」

 どうやら中身がスカスカなカニも、確信犯である可能性が高いようだ。食材偽装は今年を象徴するトピックの一つだが、「タラバガニ」と偽って、実際は少々値落ちする「アブラガニ」を販売しているケースや、安価な紅ズワイを「本ズワイガニ」とうたって販売しているケースもあるのだとか。

 もちろん、カニ通販そのものが信頼できないわけではない。「かに親分」では、仕入れたカニをすべて北海道知床羅臼の加工工場で丁寧に検品、梱包、発送。タラバガニ、ズワイガニはロシアから、毛蟹は地元・羅臼漁港で水揚げされたものを、それぞれ一度に大量に仕入れることで実現した特別価格で、熟練のスタッフが見立てた確かな商品だけを発送することで、消費者から評価されている。

 そんな「かに親分」のカニの美味しさに惚れ込んだファンの一人が、「突撃!隣の晩御飯」のヨネスケ師匠。“三度の飯よりカニが好き!人生最後の晩餐はカニ!”を公言しているほどの“カニ通”であるヨネスケ氏が語る。

「まずね、『かに親分』の工場見て、その場所に驚いたの。目の前海じゃん!国後島見えてるじゃん!(笑)。味も想像以上。タラバガニの脚の太いこと! 身もプリップリで甘くてさ。毛蟹もズワイもカニ味噌の量が半端じゃない。海の栄養分が違うんだよね、羅臼は。これ食べたら誰だって忘れられなくなっちゃうよ」

 また、「かに親分」では、届いたカニに満足いかなければ、返品可能なキャンペーンも実施している。かに通販のサービスも多様化しているので、「間違えた!」とならないようにHPの情報や利用者のレビューを比較し、慎重に見極めてから注文したい。