岡田監督率いる杭州緑城のホームゲーム。これは試合開始前         (Photo:©Alt Invest Com)

写真拡大

岡田武史氏が、中国スーパーリーグ杭州緑城の監督を今期かぎりで退任した。1年目は16チーム中11位(9勝9分け12敗)、今期は12位(8勝10分け12敗)という成績だったにもかかわらず、選手やサポーターから残ってほしいといわれたが、本人やまわりの日本人スタッフが、中国での仕事も暮らしも「もう3年は無理」ということだったようだ。

参考:中国人から喝采を浴びる岡田武史元日本代表監督の中国プロサッカー改革

郷党意識がプロ意識の足かせに

 日経新聞(12月11日付朝刊)にその岡田監督のインタビューが掲載されていた(聞き手は武智幸徳記者)。

 中国のプロサッカーチームは、今季のアジア・チャンピオンズリーグを制した広州恒大のように、不動産などで財をなした富豪がオーナーとなっているところが多い(杭州緑城もそのひとつだ)。こうした環境では選手の獲得や起用、報酬が天からの声で決まることも多く、監督の仕事にも制約が多い。

 また選手の移籍市場は閉鎖的で、「この選手の獲得にはこれだけの額が必要といった開示情報はなく、移籍は出身地等を同じくする者たちが張りめぐらせたコネクションを介して成立するのが普通」とのことだ。

 岡田氏は、こうした郷党意識のネットワークを人々の知恵として認めつつ、それが甘えにつながってプロ意識の足かせになるとも指摘し、次のように述べている。

「1部残留が決まる前なのに、運転免許試験がある、家の売買契約がある、といって試合前の練習を休もうとする。30歳過ぎのベテラン選手が若手にたばこを勧めたり。そういう甘さが勝てる試合を引き分けたり、引き分ける試合を落とすことにつながるんだけどね」

 私が観戦した試合も、開始直後から一方的に押し込み2点を先取したにもかかわらず、終了間際のロスタイムに同点に追いつかれるという、「勝てる試合を引き分けた」典型だった。

 中国社会に「郷党意識」のネットワークが根を張っているのはよく知られているが、『中国の秘密結社』(講談社選書メチエ)のなかで山田賢氏は、この“伝統”は16世の明の時代に定着したものだという。

参考:中国共産党は秘密結社だった

 16世紀に大航海時代の「グローバル化」が始まると、南米で産出した銀が中国に運び込まれ、絹や陶磁器などの物品を輸出する大陸間貿易が盛んになった。これによって中国は好景気に沸き、出生率が上がって人口が急増する。明末までは中国の人口は数千万から1億のあいだを上下していたが、それがわずか数百年で5億に達したのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)