JR西日本『京都鉄道博物館』2016年春オープン―新幹線など50両を展示

写真拡大

JR西日本は12月18日、2016年春に京都市で開館予定の、鉄道博物館の名称を『京都鉄道博物館』にすると発表した。

【関連:JR西日本、大阪・交通科学博物館閉鎖を発表―52年の歴史に幕】

京都鉄道博物館


同施設は梅小路蒸気機関車館の横に併設され、京都鉄道博物館と一体として運営。
新たに建設される施設では新幹線始め50両が展示され、車両車庫を再現したエリアや、展示用線路で鉄道にまつわる仕事が体験できるエリア、機関車をかさ上げ展示しメカニズムを解説するエリアなど「みる、さわる、体験」という体験にこだわった展示が行われる。

開業から30年間平均での年間来場予測は80万人。開館当初の入場料は大人1000円、子供500円と現時点では発表されている。

展示イメージ