若手アーティストが仕掛けるクリエイティブホテル 歌舞伎町に開業

写真拡大

 アジアのネクストアーティストを起用したクリエイティブホテルが12月18日、新宿歌舞伎町に開業した。代々木VILLAGE by kurkkuを手がけたコクヨグループ・UDSが企画プロデュースを行い、歌舞伎町のイメージをよりアーティスティックに捉えたという「HIP」「エッジ」「官能的」の3つをキーワードに設定。クリエイティブ集団graf(グラフ)やバーニーズ ニューヨークのクリエイティブディレクター谷口勝彦ら多彩なアーティストがインテリアデザインを担当し、ディーゼルジャパンが家具を提供した。

歌舞伎町にクリエイティブホテル開業の画像を拡大

 「新宿グランベルホテル」は、これまでにUDSが設計した「渋谷グランベルホテル」(2006年開業・105室)や「赤坂グランベルホテル」(2006年開業・61室)に続く、「グランベル」ブランドの3事業目。客室数はこれまでの倍以上となる380室を用意し、フラッグシップホテルと位置付けて歌舞伎町の来訪者に新しいホテルのスタイルを提案していくという。新ホテルのコンセプトは「FUN to STAY」。運営はマンション・戸建の分譲事業やホテル事業を行うフレンドステージで、代表の安野清は同社とともにベルーナの代表取締役社長も務めている。

 「新宿グランベルホテル」は1階から17階まで地上17フロア構成で、都市型ビジネスホテルよりも高感度な層を狙いクリエイティブホテルという新ジャンルを開拓。ランドスケープデザイナー瀬島龍也と照明デザイナー武石正宣がコラボレーションしたエントランスには都会のオアシスを連想させるガーデンテラスを設ける他、ロビーにはアジアの若手クリエイターが利用できるアートラウンジを設置して注目の才能を発掘する。また、館内ではアジアで注目されるミュージシャンを発信する音楽イベントも定期的に開催し、ホテルゲストをはじめ、近隣のオフィスワーカーにも「音楽とアートと酒」のアーティスティックな空間を提供。スイートルームは計4室、エグゼクティブルームは4パターンの計32室を用意し、フラワーアーティスト東信が率いるAMKK(東 信、花樹研究所)やミューラルアーティストJohn-Paul Philippe(ジョン-ポール・フィリピ)、アパレルにテキスタイルデザインを提供しているRYOONOといった多彩なアーティストの作品が飾られる。

■新宿グランベルホテル
 用途:ホテル・全380室
 事業主:株式会社 FSY101
 運営:株式会社フレンドステージ
 住所:東京都新宿区歌舞伎町2丁目14
 敷地面積:1963,45 / 建築面積:807.80 / 延べ床面積:10,986.20
 共用部:1F ホテルエントランス / カフェ / アートラウンジ / ガーデンテラス
     12F レストラン / 13F ルーフトップバー
 客室:1Fロフトルーム / 2F - 12Fスタンダードルーム・ロフトルーム
    13〜16Fエグゼクティブルーム / 17Fスイートルーム
 構造規模:鉄骨造 / 地上17階
 http://www.granbellhotel.jp/shinjuku/