映画「かもめ食堂」で使用されたプレートやムーミンマグなどで知られる「ARABIA(アラビア)」にフィーチャーした書籍「フィンランドのアラビア手帖」が、パイ インターナショナルから出版される。128ページにわたり、人気のコレクションから幻となったヴィンテージ商品まで掲載。発売は12月20日が予定されている。

北欧食器「アラビア」の魅力に迫る一冊の画像を拡大

 「ARABIA」は、「marimekko(マリメッコ)」やムーミンが生み出されたフィンランドのヘルシンキ市内で1873年に創業。高い品質と機能性、洗練されたデザインに定評があり、北欧食器の代表的存在として北欧のみならず世界各地にファンを抱える。国内ではフィンランドブームのきっかけになったと言われている映画「かもめ食堂」で使用された「24h Avec Plate」が特に有名で、近年では復刻販売もされた。ムーミンファンの間では2006年から恒例となったムーミンマグも人気で、複数のデザインを収集する人もいるという。

 フルカラーの「フィンランドのアラビア手帖」では、最新のデザインをはじめ、これまで発表された商品、工場内部などを一堂に掲載。「ARABIA」の芸術的側面を支えるアーティストたちを取り上げ、斬新で個性的なデザインが生み出される背景に迫る。価格は1,680円。