ノスタルジックなデザイン

写真拡大

クリエーターが立ち上げた!"一人文具メーカー"Beahouse(ベアハウス=京都市)は、図書館の貸出カードを模した「読書記録しおり ワタシ文庫」を2013年12月18日に発売した。

印刷をあえて雑に

学校の図書室や図書館の貸出カードのデザインをモチーフにしたしおりで、読んだ本のタイトル、著者名、日付、感想などを記録できる。

「いつか見た貸出カード」のイメージを再現するため、「ケナフ100GA」という独特の風合いを持つ紙を選んだ。印刷をあえて雑にすることで、活版印刷の雰囲気を表現。専用のポケット封筒は、図書館グッズメーカーが販売するものを採用した。細部にまでこだわった「ノスタルジックな貸出カード」。

販売価格は472円。