写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カプコンの人気ハンティングゲーム『モンスターハンター』と長野県「信州渋温泉」のコラボレーション企画「モンハン渋の里」にて、いよいよウィンターシーズンが12月21日よりスタートする。これに伴い、冬限定のコラボお土産などさらなる続報が発表された。

2011年夏に街中がモンハン一色になった「長野信州渋温泉」が大変好評だったことから、今年は1年間のロングラン開催となった「モンハン渋の里」。開催期間の2013年7月27日から2014年8月31日を4つのシーズンに分け、各シーズンに合わせた「期間限定スペシャル企画」が夏・冬・春休みに開催されていく。

今回発表されたのは、ウィンターシーズン限定のコラボお土産。現地スタッフも愛用するという「渋狩 ジャンパー」(6,800円)や「渋狩 ロングTシャツ」(3,200円)、「軍手ィ(グンティー)」(2種/各1,500円)のほか、マフラータオル(2種/各2,100円)、バスタオル(2種/各3,400円)の全5アイテムが公開された。

このほか、通常のコラボお土産のラインナップも拡充される。新製品として追加されるのは、期間限定の「ハチミツブドウ」(750円)、数量限定の「アイルー×しぶざるくん根付ストラップ(赤)」(580円)、「黒色ルウ ゴア・マカレー」(650円)、「肉球マシュマロ」(2種/各700円)、「アイルーさぶれ(リンゴ味)」(650円)、「九頭巡り湯呑み」(950円)、「トートバッグ」(1,000円)など。いずれもハンターパスを持参すると、お得なゼニー価格で購入できる。

また2014年2月23日までの期間、現地の屋台村ではイルミネーションイベント「アイルミネーション」も開催。期間中は闇夜に輝くアイルーたちのほか、フラッシュ撮影で絵が浮かび上がる等身大キリンなどが楽しめるという。入場は無料。さらに、2014年1月13日までは「モンスターハンター4 タイムアタック」も開催予定。記録が上位10位にランクインしたユーザーには、ステッカーがプレゼントされる。参加は無料(ハンターパス必須、ペア参加のみ)。

(吉田美奈子)