京都市は、世界遺産・二条城を後世に遺すために「世界遺産・二条城一口城主募金」の募集を開始した。

これは京都市が平成23(2011)年度から20年間の予定で進めている二条城(正式名称:元離宮二条城)の大規模な本格修理事業達成のためのもの。100億円の事業費のうち50億円を目標に、京都市民にとどまらず国内外から募る。

募金方法は、銀行払込、クレジットカード決済、現金のいずれでも可能。1,000円以上募金した人に、オリジナルステッカーとスタンプカード、10,000円以上50,000万円未満を募金した人に、入城証(1年間有効)、オリジナルステッカー、1日城主抽選権をプレゼントするなど、募金額に合わせて記念品・特典を用意している。

なお、同募金は、確定申告をすると一定の限度まで所得税および個人住民税の還付も可能。詳細は、京都市文化市民局元離宮二条城事務所まで。