写真提供:マイナビニュース

写真拡大

賃貸マンション・賃貸アパートの情報検索サイト「いい部屋ネット」では、11月27日〜29日の期間、「"若者世代"・"バブル世代"に聞く、お部屋選び」をテーマとした意識・実態調査を実施した。

○10代のうちからの賃貸物件探しが増加

調査は、これまでに賃貸物件を借りた経験がある若者世代(18〜25歳)、バブル世代(45〜52歳)の男女500人を対象に行われた。

まず、「初めて自分で賃貸物件を探した時の年齢」を聞くと、若者世代の51%が「20歳未満」と回答した。一方バブル世代で「20歳未満」と回答した人は16%で、近年は10代のうちから賃貸物件を探している人が半数以上になることが分かった。

○初の部屋選びでのポイントは「家賃」

「初めて引っ越しをした理由」についての調査では、若者世代では「自立するため」が1位で42%、2位は「通勤時間が長いため」(28%)となった。バブル世代でも「自立するため」が30%で1位となり、2位は「結婚・同棲するため」で27%。若者世代で「結婚・同棲するため」と回答したのは8%だった。

さらに、「初めて賃貸物件を選んだ時に重視したポイント」について聞くと、若者世代の1位は「家賃」(82%)、2位「セパレート型の風呂、トイレ」(35%)、3位「部屋の広さ」(32%)だった。バブル世代では1位は「家賃」(81%)、2位「部屋の広さ」(38%)、3位「ロケーション」(18%)となった。

○バブル世代からのアドバイス「支払い続けられる額」

続いて、「今までに"満足した"と感じる賃貸物件に、めぐり合えた回数」を聞いたところ、「0回」と回答した人は若者世代では26%、バブル世代では18%となった。

若者世代よりも、部屋選びの満足率が高いバブル世代に「賃貸物件選びで失敗しないために重要だと思うポイント」について聞いたところ、1位は「家賃」(69%)だった。「支払い続けられる額の家賃であることが大事」といったコメントが寄せられている。2位は「部屋の広さ」(37%)、3位は「周辺施設・ロケーション」(24%)だった。

(フォルサ)