●IDOL

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©ミス・モノクローム製作委員会

<キャスト>
ミス・モノクローム:堀江由衣
マネオ:藤原啓治
KIKUKO:井上喜久子
マナ:神田朱未
あきこ:諏訪彩花
子供:亜城めぐ

●ストーリー
“もっと前に出たい!”その思いを実現するため、
ミス・モノクロームは売れっ子アイドルを目指して活動を開始する。
天然な性格のミス・モノクロームに周りも振り回されつつも、今日もアイドル業界を奔走する!
●マナちゃん、再び!
ミス・モノクローム「はあ。」

ドラマの通行人役(エキストラ)で出演のついでにKIKUKOの歌番組を見学しているミス・モノクローム。

マナ「あっ、モノクローム様。お久しぶりです!お元気そうで何よりです。」

そこに現れたのはマナちゃん。ミス・モノクロームの193億円を持ち逃げした犯人ですが、おかげで裕福な生活を送っているようです。

ミス・モノクローム「マナちゃん、どうしてここに?」
マネオ「お知り合い?」
ミス・モノクローム「私の193億円を持っていっ…。」
マナ「また会えて嬉しいです!」
マネオ「193億円?」
マナ「私、モノクロームさんにはとっても感謝してるんです!」
ミス・モノクローム「私の193…。」
マナ「おかげで捨て子だった私の人生に光が差したのですから!」
ミス・モノクローム「私の193…。」
マナ「そうそう私、今、アイドルのマネージャーをやってるんです!モノクロームさんもご存知のスーパーアイドルKIKUKOさんです!」


ミス・モノクロームが193億円持ち逃げの話を切り出そうとするも、話を誤魔化すマナちゃん。どうやら彼女はKIKUKOのマネージャーになったようです。
●KIKUKO、前世からの再会!
ミス・モノクローム「はっ。」
KIKUKO「マネージャーのお友達?KIKUKOです、よろしくね!」
ミス・モノクローム「はじめまして、私アイドルのミス・モノクローム。」


ミス・モノクロームを見たとき、KIKUKOは過去に出会ったような気がしました。それは第9話での記憶。

KIKUKO「貴方、年を取らないの?」
ミス・モノクローム「うん。」
KIKUKO「それはアイドルとしての強みだわ。大切にしてね。私も同じなの。永遠の17歳!」


※おいおいっ!

KIKUKOはミス・モノクロームとトップアイドルとなったときに再会の約束をして立ち去りますが…。

ミス・モノクローム「マネージャー、私、進み続ける。アイドルとして何処までも。もっと前へ出たい!」

と誓います。

ミス・モノクローム「あっ、マナちゃん、私の193億円は…。」

但し、マナちゃんにはそのまま逃げられました!

193億円はどうなったのか大変気になる「ミス・モノクローム -The Animation-」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第11話「ミス・モノクローム、オーディションを受ける!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第10話「ミス・モノクローム、握手会をする!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第9話「ミス・モノクローム、復活!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第8話「ミス・モノクローム、頂点に立つ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ミス・モノクローム -The Animation-」第7話「ミス・モノクローム、小道具にこだわる!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ミス・モノクローム -The Animation-」TVアニメ公式Webサイト
「ミス・モノクローム -The Animation-」AT-X公式Webサイト