日本刀持った“地下鉄武士”、逮捕されムチ打ちの刑か―シンガポール

写真拡大

シンガポールの地下鉄南北線の車内に16日、日本刀を持ち、“武士”の格好をして乱入したとして警察に逮捕された男は、ムチ打ち6回と最高で禁固5年の罰を受ける可能性がある。警察はこの男の国籍や年齢については明かしていない。中国・環球網が17日伝えた。

【その他の写真】

当時、地下鉄に乗り合わせた乗客がインターネット上で公開した写真をみると、男は白いTシャツを着て袴をはき、手に日本刀を持っていた。
地下鉄車内では乗客らが一斉にこの男から遠ざかったため、あるインターネットユーザーは、「この格好は地下鉄内で自分のための空間を確保するのにいいかもしれない」と指摘。シンガポールでは近年、地下鉄の混雑に市民がうんざりしているという。
(編集翻訳 恩田有紀)