[其ノ二 FX用語編]FXで毎月爛札襯媽冦〞
2013年は、投資の世界では珍しく「日本が主役」と言っても過言ではではない年でした。

そんな中、私もチャレンジしたことがあります。「FX積立」です。

積立といえば、定期預金や外貨預金、投資信託などが頭に浮かぶかと思います。そんな中、「金利」を考えて「外貨預金」の積立を検討している方も多いはず。

なかでも、金利の高い「豪ドル」などが人気の通貨です。さらに「今後の為替相場が円安方向に動くのでは?」と思っていれば、なおさら投資対象にしたくなりますよね。

でも、「豪ドルを買う」という意味ではFXでも同じことが可能。外貨預金の金利と似た「スワップ金利」が毎日もらえたり、さらにレバレッジがかけれたりとFXならではの特徴により、効率的に積み立てることができるです。

実際に私も2013年の中旬から毎月1日に「豪ドル」を自分で買う爛札襯媽冦〞をしています。積立は、毎月買うことで購入タイミングを分散し、平均単価を安く抑えられ、その結果、リスクも分散できるといわれています。

ただ、ひとつ鉄則があります。レバレッジを低く抑えること。これを守れる人は、FXのセルフ積立を試してみてはいかがでしょう?

【今月のキーワード将軍】
川島寛貴(HIROTAKA KAWASHIMA)
みんかぶ

FXのSNS(交流サイト)「みんなの外為」を運営し、個人投資家の動向に詳しい。FXビギナー向けセミナーなどで人気。



この記事は「WEBネットマネー2014年1月号」に掲載されたものです。