写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西鉄旅行は、現在の福岡県で晩年を過ごした武将・黒田官兵衛ゆかりの場所や施設をめぐる日帰りツアー「黒田官兵衛(如水公)バスツアー」を発売した。黒田官兵衛が主人公となる来年のNHK大河ドラマの放映開始に合わせ、多くの人に「官兵衛ゆかりの地」を体感してもらうための企画だ。

同ツアーでは、官兵衛や黒田長政の墓所がある崇福寺、黒田節にも謡われている名槍「日本号」などを展示している福岡市博物館、福岡城址、黒田藩の別荘として設けられた友泉亭公園などを巡りながら、8時間かけてゆっくりと福岡の歴史や文化に触れる。福岡市博物館では昼食として「官兵衛御膳」が、友泉亭公園では抹茶セットが提供される。バスガイドは前福岡親善大使とイベントMCが和服姿で務めるとのこと。

「黒田官兵衛(如水公)バスツアー」実施日は1月10日から3月28日までの毎週金曜日(3月21日は実施せず、20日に振り替える)。ツアー代金は1人5,800円(バス料金、施設使用料、昼食代、抹茶セットを含む)。各実施日とも最少催行人数30名。参加申込みは各出発日の7日前までで、西鉄旅行福岡支店、西鉄旅行ウェブサイトにて受け付ける。

(佐々木康弘)