瑛太と井上芳雄が絶賛しあう、「プレーンズ」のジャパン・プレミア。

写真拡大

俳優の瑛太らが“飛行機の日”にあたる12月17日、都内で行われたディズニーの新作映画「プレーンズ」のジャパン・プレミアに登壇。本作への熱い想いを語った。

12月17日は、1903年にライト兄弟が人類初の動力飛行に成功にしたことを記念して制定された“飛行機の日”。その記念すべき日に、会場となった羽田空港にほど近い朝日新聞社航空部の格納庫では、航空機が配置され、大空をイメージした青色のスカイカーペットがひかれるなど、雰囲気はまさにプレーンズ一色となった。

主人公・ダスティの声優を担当した瑛太がスカイカーペットでのサウンドバイツに登場し、駆けつけたファンと日本各地のメディアに声優初挑戦となった本作の魅力をしっかりアピール。また、スカイカーペットを歩いた瑛太は「日本全国の番組の取材を受けて、日本を一周した気分になりました」とコメントした。

舞台上でのイベントが始まると、メキシコの陽気な飛行機エル・チュパカブラ役(通称:エル・チュー)の声優に挑戦した、ミュージカルなどの舞台で活躍中の井上芳雄が登場。突然、瑛太からの「劇中で、エル・チューが日本の飛行機サクラへの愛の告白で、甘いムードたっぷりに歌う楽曲“Love Machine”を生で聴きたい!」というリクエストに応え、このイベントのためだけに結成された、本作のキャラクターをイメージした衣装を着た、強力な助っ人チーム、ちびっこ“プレーンズ隊”と熱唱した。

会場に響き渡ったミュージカルスターの素晴らしい美声、そして子どもたちの元気な歌声に瑛太は「聞き惚れますね。感動しました」と語り、井上の素晴らしさを絶賛。また、井上も瑛太のダスティについて「とても上手で、ダスティの役にはまっていました」と絶賛。初対面の2人だったが、劇中のダスティとエル・チューのように意気投合した様子を見せていた。

また、親子で大ヒットシリーズ「カーズ」の大ファンという瑛太へのサプライズ企画として、「カーズ」では古びたレッカー車のメーター役、そして本作ではダスティを助ける戦闘機ブラボーの声優を担当した“ぐっさん”こと山口智充が、先日(12月13日)誕生日を迎えたばかりの瑛太に、ハッピーバースデーソングを歌いながら特製のダスティ型ケーキを運び登場。

瑛太は「誕生日が終わってしまったのに、嬉しいです!ありがとうございます!」と憧れのぐっさんを目の前に喜びを語り、サプライズは大成功を収めた。そして特注のブラボーの帽子を被った山口に、「僕には特注の帽子はなかったです」とコメント。会場の笑いを誘った。

最後には、出演者、会場の皆で一斉に「プレーンズ、テイクオフ!!!」と声を出すと、大空にかかる虹をイメージした七色のテープが放出され、映画の大ヒットを全員で願い大きな拍手が湧き起るシーンも。瑛太は「大人から子供から皆さんで楽しめる作品です。でっかいスクリーンで堪能してください!」と本作をアピールしてイベントを締めくくった。

映画「プレーンズ」は12月21日(土)、2D・3D同時公開。