日本のモノづくりを極めたNo.1を紹介☆日本科学未来館で「THE 世界一展」

写真拡大

ギネスブックに掲載される世界一は数々あるけれど、実は世界のナンバーワン・オンリーワンという製品や技術がたくさんあるのが、日本のモノづくりの現場。2013年12月7日(土)から2014年5月6日(火・祝)まで、日本科学未来館で開催される企画展「THE 世界一展 〜極める日本!モノづくり〜」には、そんな世界のナンバーワンやオンリーワンの価値を持つ200点以上の製品・技術が一堂に!

日本のモノづくりの素晴らしさは、なんといってもその精巧さと緻密さ、さらに「おもてなし」の精神に富んでいるところ。デジタルカメラなど高い技術力を誇るエレクトロニクス関連では、世界シェアが100%に近い企業がひしめいているし、食文化やエンタメ分野でも「日本ならでは」のユニークな製品が注目を集めている今、そのパワーの秘密はどこに?

今回は、日本の技術文化の根源と未来を考えるために、会場を5つのゾーンに分けて構成。
まずはモノづくりの原点に立ち返るために、古代の技をひもとくゾーン。次に、カップヌードルなど、日本から発信されて世界を変えた新技術を考えるゾーン。さらに日常生活に使われている「世界一」の技術を紹介するゾーン。その他に、超微細・世界最小など製造者がこだわり抜いた「すご技」や、未来へ夢をつなぐ最新技術など、千年以上にわたって磨き抜かれた「世界一」への軌跡を展示。

会期中には、職人さんを招いてのモノづくり体験イベントなども予定されているとか。
「宝物を通して、日本ならではの心に触れられます。内側と外側から美しくなれる化粧品や、羽のように薄く軽いウェディングドレス、伊勢神宮の式年遷宮、東京スカイツリーなど。ものづくりに潜む『おもてなし』を発見しにきてください!」と制作・企画担当の鈴木さん(科学コミュニケ―タ―)。

ここに来れば、身近にある世界一とモノづくりニッポンの底力を改めて再認識できそう!