ラコステがフランス五輪選手団に公式ウェアを提供

写真拡大

 今年80周年を迎える「LACOSTE(ラコステ)」が、フランス・オリンピック/パラリンピック委員会の公式ウェアスポンサーに決まった。ユースオリンピックや地中海競技大会、2014年ソチオリンピック、2016年リオのオリンピック/パラリンピックなどで「LACOSTE」のウェアが提供される。

ラコステがフランス五輪選手団にウェア提供の画像を拡大

 「LACOSTE」の創業者ルネ・ラコステは、1924年に開かれたパリオリンピックのメダリスト。テニスプレーヤーとしても活躍した同氏が1933年にスタートした「LACOSTE」は、フランス風の「生きる喜び」やスポーツマンシップを共有していることからフランス・オリンピック委員会の新たなパートナーに指定されたという。パートナーシップの期間は2013年1月1日〜2016年12月31日(予定)。

 ブランドの規律性やスポーツ愛の精神にインスピレーションを得たという公式ウェアは、フランスのシックさとエレガンスを具現化したというデザインに仕上がっている。選手団には、セレモニー用(1着)とオフィシャル・ウェア(1着)、選手村で着用するためのウェア(2着)が用意される。

 約50日後に開催が迫るソチオリンピックの会期は2014年2月7日〜23日。日本チームはデサントとミズノ、アシックスジャパン、アメリカはラルフ ローレン、スウェーデンはH&Mなどがそれぞれ公式ユニフォームを提供する。

■LACOSTE
 http://www.lacoste.co.jp/