伊藤忠商事とITOCHU Textile Prominent(ASIA)が、香港のFenix Group Holdings Limited社傘下の中間持株会社で「ANTEPRIMA(アンテプリマ)」などを展開するASF Limitedに出資する契約を締結した。伊藤忠商事とFenix社は、30年以上にわたりアパレルOEM生産取引を中心とするパートナーシップを築いており、ブランドリーテイル事業のアジア拡大を目指すFenix社と、海外収益拡大などを重点戦略に掲げる伊藤忠商事との戦略が合致し今回の契約に至ったという。

伊藤忠商事が香港ASF Limitedに出資の画像を拡大

 Fenix社は、荻野いづみがデザイナーを務める「ANTEPRIMA(アンテプリマ)」を自社ブランドに持ち、食料品・雑貨スーパー「CITY SUPER(シティスーパー)」をはじめ、香港や中国を中心にアジア各地でリーテイルビジネスなどを幅広く手がける持株会社。同社傘下のASF社は、Fenix社から「ANTEPRIMA」のブランド事業とファッションリーテイル事業、物流事業の3事業を継承する形で今年6月に設立された。

 今回の契約で、ASF社における伊藤忠商事の出資比率は30%となり、持分法適用関連会社になる。ASF社は5年で200億円規模の売上を目指すといい、長年培ってきたブランドビジネスの経験やアジア全域に広がるネットワークといった双方の強みを融合させることで、「ANTEPRIMA」ブランドをはじめとする既存ブランドの日本を含むアジア地域での拡大や新規ブランドの展開加速を狙う。