映画『エージェント:ライアン』予告編が解禁

写真拡大

[シネママニエラ]世界的ベストセラー作家の故トム・クランシーさんによる『ジャック・ライアン』シリーズ最新作『エージェント:ライアン』の予告編が解禁となり、その世界観と巨大な謎の片鱗が明かされた。

映画『レッド・オクトーバーを追え!』『パトリオット・ゲーム』『今そこにある危機』『トータル・フィアーズ』を経て、本作はリブート作品として現代を舞台にジャック・ライアン捜査官の誕生から活躍を描いていくという。今そこにある次世代テロを描くため、日本の字幕監修はジャーナリスト池上彰氏が担当する。

本日解禁となった予告編では、全世界を標的とした大規模テロ計画がロシアで発覚し、その真相を暴くべく動き出したCIAは、ウォール街で経済アナリストとして活躍していた頭脳明晰で天才的な分析力を持つジャック・ライアン(クリス・パイン)をスカウトし捜査を開始する様子が映し出されている。ロシアを拠点に世界経済を牛耳る謎めいた実業家のヴィクター(ケネス・ブラナー)が、ジャックと対峙。ジャックを極限状態まで追い詰められていく。

映像に映し出される「スパイ経験ゼロの男がなぜ選ばれたのか?」、「身近な人間ほど信用してはならない」、「お前は真実にまだ気づいていない」「敵は武力に頼らず世界を破綻させる」とするジャックの言葉の意味とは何か? その全容が明らかになるのは2014年2月だ。

映画『エージェント:ライアン』予告編


原題=JACK RYAN: SHADOW RECRUIT
日本公開=2014年2月15日 ※2月14日先行上映
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト=http://www.agentryan.jp/

こちらの映画『エージェント:ライアン』の世界観と巨大な謎の片鱗が明かされた予告編が解禁 続きはシネママニエラにて

南樹里のシネママニエラ