『ほとりの朔子』

写真拡大

二階堂ふみ主演の映画『ほとりの朔子』が、1月18日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

【もっと写真を見る】

『ナント三大陸映画祭』で最高賞にあたる「金の気球賞」および「若い審査員賞」を獲得した同作は、劇団青年団の演出部に所属しながら映画を制作している深田晃司が監督・脚本を手掛けた作品。大学受験に失敗し、避暑地でひと夏を過ごす18歳の少女・朔子の恋愛や人間模様を通じて、青春の繊細な心の揺らぎを描いた作品だ。

大人と子どもの間を揺らぐ主人公・朔子役を二階堂ふみが演じているほか、鶴田真由、太賀、古舘寛治、大竹直、小篠恵奈、渡辺真起子、松田弘子がキャストに名を連ねている。また、キャストの杉野希妃はプロデュースと挿入歌も担当している。ドキュメンタリー監督の想田和弘がキャスティングされている点も注目だ。