MINIが「やんちゃ」を探して「古河提灯竿もみまつり」にやって来た!

写真拡大

「やんちゃ」を探して日本全国を走り回っているMINI。現在、世界中で展開している「NOT NORMAL」キャンペーンの一環で、日本では「MINI やんちゃんねる〜日本のやんちゃをMINI行こう。〜」というキャンペーンを展開。ダックの「アレックス」を乗せたMINIが日本の元気なやんちゃスポットを探している。

そんな中、関東の奇祭として知られている茨城県古河市の「古河提灯竿もみまつり」の会場に、ルーフにダックの「アレックス」を乗せた「やんちゃ」なMINIが現れた。

高さ12メートル以上の矢来を組んで、一般、子どもあわせて約20の町内会などの団体が、それぞれ20メートル近い長さの提灯竿を持って、相手の提灯の火を消そうと激しくもみ合う。その勇壮な姿を、「目撃」した。

激しくもみ合う姿に、子どもの頃の「やんちゃゴコロ」をみた

2013年12月7日夜に開かれた「古河提灯竿もみまつり」は、今年で第153回を数える伝統の祭り。江戸時代、古河藩領だった野木明神が未明に帰社する際、寒さをしのぐために身体をもみ合ったのが始まりという。またの名を「おかえり」というそうだが、それとは裏腹な「熱っぽさ」がある。

提灯もみは、町内会などがこしらえた自慢の提灯を竹竿のテッペンにつけて、もみ合う。ゴツンゴツン、バチンバチンと音を立てて激しくぶつかると、しだいに提灯が張り裂けたり、ロウソクの蝋がポタポタと落ちてきたり、竿の破片が飛んだり折れたりと、かなりの迫力だ。

竹竿を押すのは各団体23人。女性もいれば、法被に隈取姿の「かぶき者」もいる。今回の祭りには、お笑い芸人の東京03も参加していた。

町内会のプライドをかけた戦いは、「せ〜の」のかけ声や歓声に混じって罵声や怒号が飛び交い、まさに一触即発の雰囲気のなか、太い竹竿に身を預けるようにして押し合い圧し合い、「敵」を押し負かす。

その勇猛で、ド派手で奇抜な姿こそ、MINIが探し求めている「やんちゃ」そのもの。子どもの頃に誰もがもっていた「やんちゃゴコロ」は、大人になるにつれ少しずつ失われてしまう。周りにあわせて自分を抑えてしまうのではなく、子どもの頃のような好奇心や創造力を持ち続け、何事にも前向きに挑戦していく精神は、MINIがブランドとして最も大切にしているものでもある。

「日本の元気」を世界に発信したい!

「古河提灯竿もみまつり」にはMINIの担当者も、「MINIのもつ、小さいけれど、パワフルでエキサイティングな走りのイメージにぴったり」と、感激のようす。

「MINI やんちゃんねる」では、自分だけのやんちゃなスポットやシーンをキャンペーンサイトに投稿してもらうことで、「やんちゃゴコロ」を応援し、いろんな人に日本はやんちゃの宝庫だということを知ってもらいたいと考えていた。

集まった「やんちゃ」なスポットやシーンは、クリック投票の結果で「MINI CROSSOVER」を1年間無料でレンタルする。応募は2014年1月23日17時まで。

また、サイトではMINIがおススメする日本の「やんちゃ」スポットを掲載しているほか、ダックの「アレックス」を乗せたやんちゃチームがさまざまなスポットを紹介する映像やフォト・ギャラリーも展開している。

まだまだ探せば、楽しくエキサイティングで、しかも日本らしい「やんちゃスポット」がありそう。「投稿してもらった画像は世界中のMINIファンが見てくれていますから、日本の元気、やんちゃぶりを世界に発信していきたいですね」と、担当者は語る。