●ピュアソウル!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©ESE /世界でいちばん強くなりたい!製作委員会

<キャスト>
萩原さくら:竹達彩奈
宮澤エレナ、ブルーパンサー:阿澄佳奈
豊田美咲:鳴海杏子
風間璃緒:戸松遥
福岡萌:金元寿子
真田朱里、ブルーパンサー:花澤香菜
鈴元千夏:三森すずこ
小宮山紅亜:上坂すみれ
藤下香苗:佐藤利奈
菅野七海:大坪由佳
望月悠歩:伊藤美来
早瀬愛華:雨宮天
桐島真琴:喜多村英梨
ホーネット:徳井青空
ジャッカル東条:たかはし智秋
西原 涼:角川沙織
猪場 精一:立木文彦
沙里菜:渡部優衣
実況:三石琴乃

●ストーリー
国民的アイドルグループ「Sweet Diva(スウィート ディーバ)」で、不動のセンターボーカルとして活躍する萩原さくら。アイドル界のトップに上り詰めた彼女が、新たな活動の舞台に選んだのは女子プロレスのリングだった!
大切な仲間・宮澤エレナへの想いと「Sweet Diva(スウィート ディーバ)」の誇りを守るため、プロレス団体「ベルセルク」のレスラーとしてリングに立つことを決めたさくら。そこは華々しい世界とはかけ離れた、女同士の真剣勝負の場所だった。
ライバルたちとの闘いの先にある、本当の強さをさくらは手にすることができるのか!
●ブルーパンサーの正体!
ブルーパンサーとの髪切り&マスク剥ぎと引退を掛けたデスマッチ!

ゴング前、萩原さくらに駆け寄るブルーパンサー!

ブルーパンサー「ここまで来たマスクは不要!」

ブルーパンサーがマスクを脱ぎ、その素顔を晒すと、

萩原さくら「えっ、まさか…。」

ブルーパンサーの正体はSweet Divaの宮澤エレナ。萩原さくらの親友が何故…。

信じ難い事実に対して呆然とする萩原さくらですが…。
●宮澤エレナの執念
萩原さくら「エレナ、待って!」
宮澤エレナ「ゴングは鳴ったよ!」


宮澤エレナの目的は萩原さくらに勝利しプロレスを引退させてSweet Divaに復帰させる事。

宮澤エレナがプロレス「雅」に入門したのは萩原さくらが風間璃緒に敗れて髪を切られてから1週間後、彼女はアイドルとしての殺人的なスケジュールの個人の時間を全てプロレスに費やしてきたのです。

それにしても宮澤エレナは萩原さくらに引けをとらないどころか、寧ろ宮澤エレナの方が強いくらい。チョークスリーパーやプランチャー、逆エビ固め等の高度な技を連続してかけてきます。

真田朱里「私はそんなあの子の想いに応えてブルーパンサーの代役を演じてきたの。」

萩原さくらはかつての親友に対する負い目もあるのか、十分な力を出し切れず、ロープブレイクで逃げるのが精一杯!
●激闘!宮澤エレナ
しかも場外に逃げた萩原さくらを場外乱闘にまで持ち込む宮澤エレナ。

※ちなみに場外乱闘は20カウントまでにリング内に戻ればセーフです。

豊田美咲「さくら、気を付けて。リングに戻った瞬間を狙って攻めてくるわ!」

リングに戻った萩原さくら、肢にかなりのダメージを受けているためわざと隙を作り、返し技でフォールを決めますが…。

そこは抜けられるも、萩原さくらは逆エビ固め・逆膝固めと決め優勢に立ちます。そこでさくらスペシャルを当てるも…。

しかし、返し技で宮澤エレナが決めたのは朱里クラッシュ→蜘蛛固めと真田朱里の得意技!

「世界でいちばん強くなりたい!」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第10話「ブルーパンサーの正体!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第9話「女子高生新人レスラー、福岡萌!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第8話「ジャッカル東条VS萩原さくら」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第7話「ブルーパンサー」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第6話「さくらスペシャル」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「世界でいちばん強くなりたい!」TVアニメ公式Webサイト
「世界でいちばん強くなりたい!」AT-X公式Webサイト